グランポレール 長野古里 リースリング貴腐 2015

黄金色の輝きと蜂蜜のように優しく甘美な香りに溢れ、さらに心地良い酸味と芳醇でまろやかな味わいは、10年先までもお楽しみ頂けるグランポレール最高峰のワインです。

貴腐用リースリングは、9月1日に貴腐の発生を平年より2週間早く確認しました。8月末頃から気温が下がり、9月以降も比較的涼しい状況であったことから、朝、夕の気温差ができ平年より貴腐の発生が早まりました。7月上旬は、曇り、雨の日が多く気温も低くなりました。7月中旬から8月上旬にかけて晴れの日が多く気温も高くなり、良質な酸を維持したまま、完熟したぶどうができました。収穫も1週間程早く、11月4日に非常に品質の良い貴腐ぶどうを収穫できました。

タイプ 極甘口
産地 長野県「長野古里ぶどう園」産
ぶどう品種 リースリング100%
飲み頃温度 10~12℃
熟成
容量 750ml
ペアリングメニュー デザートワイン
生産本数 72本
収穫日 2015年11月4日
収穫方法 手摘み
醸造・栽培 醸造責任者:工藤雅義
テイスティングコメント 収穫をぎりぎりまで遅らせ、平均糖度45度という非常に糖度の高いぶどうでつくられる貴腐ワイン。黄金色の輝きと、蜂蜜のように優しく甘美な香りに溢れ、心地良い酸味と豊かで洗練された甘みが広がります。
生産者・生産地情報 千曲川のほど近く、自然の風景が残る浅川流域に、1975年に開園したのがサッポロの自社ぶどう畑「古里(ふるさと)ぶどう園」。 降水量が少なく、日照が豊かで、寒暖差が大きいというワイン用ぶどうの栽培に適した要件が3拍子揃った地域で、良質な酸を維持したまま、ぶどうが完熟しやすい地域です。ぶどう園は千曲川の支流である浅川に隣接し、川より下側に位置しているため、秋が深まると朝霧が園内にこもり易い環境となり、貴腐菌がぶどうに繁殖し易くなります。比較的酸度が高い状態で貴腐菌が繁殖することから、品質の高い貴腐ぶどうとなります。
当ワインは、2015年に収穫されたリースリング種貴腐ぶどうを厳選し、平均糖度45度という蜜のようにトロリとした果汁を丹念に醸造したものです。