サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ
★SAPPORO メニュー
メニュー
clear

ホーム > 繁盛店の扉 > 業界情報 > 外食トピックス サッポロホールディングス、海外酒類事業の今後の体制について発表

繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

サッポロホールディングス、海外酒類事業の今後の体制について発表

サッポロホールディングス(SH社)は、2019年1月1日をもって、同社子会社であるサッポロインターナショナル(SI社)をサッポロビール(SB社)へ吸収合併し、SI社の子会社を新たにSH社およびSB社へ移管すると発表した。
 サッポログループでは、第一次中期経営計画で掲げた「グループ経営基盤の変革」に基づき、グループ成長戦略のキードライバーである「グローバル展開の推進」を、より一層スピード感をもって進めるため「経営資源の戦略的シフト」「セグメント経営の事業構造変革と推進」を実行する。
 今回の海外酒類事業体制の再編を通じ、海外ビジネスの基盤となる「北米」、ベトナムを中心とする成長著しい「アジア」、さらに「欧州」でも同社ブランドのプレゼンス向上を狙い、グループが保有する個性あるブランドを世界にむけて発信強化することで、長期経営ビジョンさらには経営理念の実現を目指す。
 まず、北米での酒類事業については、M&Aを含めた事業戦略をグループとして描くため、SAPPORO U.S.A.,INC.(サッポロUSA社/酒類販売会社)、ANCHOR BREWING COMPANY, LLC.(アンカー社/酒類製造・販売会社)、SLEEMAN BREWERIES LTD.(スリーマン社/酒類製造・販売会社)の3社をSI社からSH社へ移管し、海外ビジネスの基盤である北米市場において、さらなる成長を目指す。なお、サッポロUSA社とアンカー社は、製造・販売両面においてシナジー効果を最大限発揮するため、2019年4月1日に経営統合する予定。
 また、アジアでの酒類事業については、SB社のブランド戦略と連動して、アジア地域で「SAPPORO」ブランド価値向上を図るため、SI社からSB社へSAPPORO VIETNAM LTD.(サッポロベトナム社/酒類製造・販売会社)を移管する。これにより、SB社は、韓国・香港・台湾・中国などの東アジアへの酒類輸出事業に加え、ベトナムを拠点とした東南アジア・オセアニアでのプレゼンス向上、さらにグローバルサプライチェーンマネジメントの最適化を推進する。
 そして、欧州での酒類事業については、アジア地域と同様に、SB社のブランド戦略と連動して、欧州での「SAPPORO」ブランド価値向上を図る。来春には、SB社傘下に欧州販売子会社を設立することで、欧州全域でのプレゼンス向上を目指していく。

記事配信/外食ドットビズ(2018/12/27)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら
TOPへ