青梗菜とえびのピリ辛炒め

殻ごと焼いたえびは香ばしくて見栄えもUP!

殻つきえびが華やかで、おもてなしにも喜ばれる一品です。えびをしっかり開いた状態で焼きつけると、ボリュームのある美しい仕上がりになります。殻の香ばしさと豆板醤の風味が相まって絶妙な味わいです。

材料(2人分)

えび(大)
6尾
青梗菜
2株
ねぎ
1本
片栗粉
大さじ1/2
ごま油
大さじ1/2
にんにく(みじん切り)
1かけ分
豆板醤
小さじ1/4
みりん
大さじ1
小さじ1/4
しょうゆ
小さじ1

A

しょうゆ
小さじ1
小さじ1

作り方

  • えびは殻つきのまま背に切り込みを入れて開き、あれば背わたを取る。ボウルに入れてAで下味をつけ、片栗粉をまぶす。

  • 青梗菜は軸と葉に切り分け、軸を縦4等分に切る。ねぎは幅1センチの斜め切りにする。

  • 熱したフライパンにごま油を入れ、青梗菜の軸、ねぎを強火で1分ほど炒めて取り出す。えびを開いてフライパンに押しつけるように並べ、両面に焼き目がつくまで強火で1分ほど焼く。

  • 中火にし、にんにく、豆板醤を炒め、香りが出たら青梗菜の軸とねぎを戻し入れる。さらに青梗菜の葉を加えて軽く炒め、みりん、塩で味つけをする。仕上げにしょうゆを鍋肌から回し入れ、全体になじませる。

POINT

青梗菜の代わりに空芯菜、小松菜、豆苗でもおいしくできます。作り方は同じで、空芯菜、小松菜は軸を先に炒めて、最後に葉を加えます。豆苗は一度に炒めて一旦取り出し、焼いたえびなどと炒め合わせます。