バーニャカウダ

いつもの野菜スティックをおしゃれに

バーニャカウダは、イタリア・ピエモンテ地方の料理。オリーブ油、アンチョビ、にんにくで作ったソースを温めながら、野菜につけて食べます。ちょっとほろ苦いチコリや、生のかぶ、パプリカがよく合います。マッシュルームを浸して食べるのもおいしい!

材料(4人分)

かぶ
2個
チコリ
1個
パプリカ(黄)
1/2個
グリーンアスパラガス
4本
マッシュルーム
1パック
●バーニャカウダ
  アンチョビ
6~7枚
  にんにく
2~3かけ
  オリーブ油
1/3カップ
  粗挽き黒こしょう
少々

作り方

  • にんにくは薄皮つきのままオーブントースター(または魚焼きグリル)で7~8分焼き、粗熱がとれたら薄皮をむいてフォークなどでつぶす。

  • かぶは茎を3~4センチ残して葉を切り落とし、皮つきのまま食べやすくくし切りにする。パプリカは種を取り、縦に幅1センチに切る。チコリは外側の葉を何枚かはがし、中心部分は縦4等分に切る。アスパラガスは熱湯でさっとゆでる。マッシュルームは石づきを取り、2~3等分に切る。アンチョビは細かくきざむ。

  • 小鍋(または耐熱の器)に、つぶしたにんにくとアンチョビ、バーニャカウダの残りの材料を入れて混ぜ、弱火で温める。小さなコンロなどがあれば、食卓で温めながら、野菜をつけて食べましょう(コンロがなければ、器に盛って。)

POINT

生クリームを入れると、ちょっとマイルドなソースになります。その場合は、オリーブ油の量を減らしましょう。アンチョビ(細かくきざむ6~7枚)、にんにく(焼いてつぶす1かけ)、粗挽き黒こしょう少々、オリーブ油大さじ2を器に入れ、ごく弱火で3~4分温めたところに、生クリーム1/2カップを加えて混ぜます。