繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

HOT PEPPER、「飲みたい街ランキング2018」(関東版)

リクルートライフスタイルが企画編集する、街のおトク情報満載のクーポンマガジン「 HOT PEPPER 」は、「飲みたい街」に関するアンケートを実施し、「飲みたい街ランキング 2018 」を発表した。外食ドットビズでは、関東編と関西編を 2 回に分けて掲載する。
■ TOP3 は揺るがずも、再開発でイメージ刷新した「新宿」が初の首位を獲得

今年、初めて王者に輝いたのは「新宿」 (768 点 ) 。 2016 年のニュウマン開業以降、おしゃれなイメージも定着したことや、小田急線の複々線化に伴う 増便などで利便性がアップしたことが 1 位獲得の要因の一つ。また、高級店からリーズナブルなお店まであり、老若男女誰でも楽しめる街ということも人気の秘密。トップ 3 は、昨年まで 3 年連続 1 位だった 2 位「銀座」 (736 点 ) 、昨年の順位を維持した 3 位「恵比寿」 (489 点 ) が、不動の人気を示す結果になった。
■「池袋」「上野」「赤羽」などディープなエリアに人気が集まり、軒並みランクアップ

「恵比寿」に肉薄する勢いで 4 位を獲得した「池袋」 (475 点 ) や 9 位の「上野」 (376 点 ) 、 12 位の「赤羽」 (317 点 ) といずれも路地裏やガード下に安く飲める飲み屋が並ぶ、ディープな印象の街に人気が集まり、軒並み昨年からランクアップ。「上野」は 2015 年の調査開始から初めての TOP10 入りとなった。オシャレなお店だけでなく、下町感のある“おいしくて手頃な飲み屋”がある街に人気が移行していることがアンケート結果に色濃く表れた。
■その他トップ 20 の順位

5 位「新橋」 (471 点 ) 、 6 位「横浜駅」 (449 点 ) 、 7 位「吉祥寺」 (407 点 ) 、 8 位「東京駅周辺」 (405 点 ) 、 10 位「六本木」 (370 点 ) 、 11 位「神楽坂」 (325 点 ) 、 13 位「有楽町」 (303 点 ) 、 14 位「みなとみらい」 (292 点 ) 、 15 位「渋谷」 (286 点 ) 、 16 位「大宮」 (270 点 ) 、 17 位「横浜中華街」 (235 点 ) 、 18 位「麻布十番」 (218 点 ) 、 19 位「下北沢」 (217 点 ) 、 20 位「三軒茶屋」 (203 点 )
■コスパのいい街は、僅差で「赤羽」を抑えた「新橋」が No.1 に

「コスパのいい街ランキング」は、サラリーマンに人気の「新橋」 (709 点 ) が首位を獲得。僅差で 2 位となったのは「赤羽」 (707 点 ) 。以下、 3 位「上野」 (583 点 ) 、 4 位「新宿」 (471 点 ) 、 5 位「池袋」 (402 点 ) という結果になった。ホットペッパーグルメ外食総研が実施した 2016 年の外食市場調査によると、 TOP3 の街の平均単価 ( 新橋 3,740 円 / 赤羽 2,610 円 / 上野 3,158 円 ) は、首都圏の平均単価 (2,585 円 ) よりも高い傾向が見られる。ただ安いだけでなく、値段に対して「満足感が高い」、「お得感が強い」という印象があり、コストパフォーマンスの良さが評価された結果となった。いずれの街も飲食店激戦区であり、競争の激しさからおいしいものをリーズナブルに飲んで食べられるお店が増えているよう。

【調査概要】
調査時期: 2 月 23 日~ 2 月 26 日
調査対象:関東・関西の 20 ~ 50 代の男女
有効回答数: 4,146 人 ( 男性 :2,074 人、女性 :2,072 人 )
得点:回答した順位から 1 位 3 点、 2 位 2 点、 3 位 1 点として数値化

記事配信/外食ドットビズ(2018/04/27)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら
TOPへ