サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ
★SAPPORO メニュー
メニュー
clear

ホーム > 繁盛店の扉 > 業界情報 > 外食トピックス 9月の百貨店売上高、既存店ベースでは3ヶ月連続で前年を下回る

繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

9月の百貨店売上高、既存店ベースでは3ヶ月連続で前年を下回る

日本百貨店協会は、調査対象百貨店 79 社・ 219 店の平成 30 年 9 月度の全国百貨店売上高概況を発表。 9 月の売上高は、2度の台風上陸や北海道胆振東部地震などの度重なる自然災害により、多くの店舗で休業や営業時間の短縮を余儀なくされたことが響き前年同月比 3.0 %減の 4197 億 5119 万円と 3 ヶ月連続で前年を下回った。

顧客別では、国内市場 ( シェア 94.1 % /3.5 %減 ) が 3 ヶ月連続でマイナスとなったが、インバウンド ( シェア 5.9 % ) は、台風による関西空港一時閉鎖の影響を受けた大阪を名古屋や福岡等他地区が補う形で、 6.3 %増の約 246 億円と 22 ヶ月連続でプラスとなった。

地区別では、 10 都市が 2.5 %減とマイナスに転じた。うち、 3 地区 ( 東京、横浜、福岡 ) は前年をクリアしたが、台風や地震の影響を大きく受けた大阪 (4.1 %減 ) ・札幌 (11.1 %減 ) 等 7 地区で前年を下回った。地方 (10 都市以外の地区 ) は 4.1 %減と前月 (3.0 %減 ) からマイナス幅を広げた。

商品別では、雑貨が 0.6 %増と 22 ヶ月連続プラス。秋のメイクアップやスキンケアが人気で国内外共に堅調な化粧品 (1.8 %増 ) と、高級腕時計が引き続き好調な高額商材 ( 美術・宝飾・貴金属 /1.0 %増 ) が牽引した。衣料品 (5.4 %減 ) は中旬以降の気温低下でコート等の秋冬物に動きが見られたが前年実績には届かず、身のまわり品 (1.9 %減 ) も雨の多い天候を背景にレインシューズや雨傘など一部商材が動いたものの、 2 ヶ月ぶりにマイナス転換した。食料品は一部の地区で回復の兆しを見せたが、自然災害による集客減や商品の入荷が不安定になるなどの影響から、全国ベースでは減収傾向が続く (2.2 %減 /16 ヶ月連続マイナス ) 結果となった。

なお、商品別売上高は、食料品が 1045 億 9755 万円 ( 店舗調整後・前年増減率 2.2 %減 ) 、食堂喫茶 114 億 6875 万円 ( 同 5.8 %減 ) 、衣料品 1265 億 5553 万円 ( 同 5.4 %減 ) 、身のまわり品 580 億 8053 万円 ( 同 1.9 %減 ) 、雑貨 888 億 6595 万円 ( 同 0.6 %増 ) 、家庭用品 177 億 3555 万円 ( 同 1.1 %減 ) 、サービス 44 億 1782 万円 ( 同 5.8 %減 ) 、その他 84 億 7040 万円 ( 同 0.9 %減 ) 、商品券 72 億 7037 万円 ( 同 6.6 %減 ) だった。

記事配信/外食ドットビズ(2018/10/25)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら
TOPへ