サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ
★SAPPORO メニュー
メニュー
clear

ホーム > 繁盛店の扉 > 業界情報 > 外食トピックス ホットペッパーグルメ外食総研、ハロウィーンに関するアンケート調査

繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、ハロウィーンに関するアンケート調査

リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、「ハロウィーン」時期の飲食行動や仮装の普及などに関する意識についてのアンケートを実施した。
■今年の「ハロウィーン」行事参加予定者は 22.6 %、 30 代女性は 30 %超え

毎年、仮装やコスプレ習慣を伴って盛り上がっている「ハロウィーン」。今年の参加予定については 3 圏域計で 22.6 %と、前年の参加予定 22.5 %と同程度であった。特に、 30 代女性の 30.7 %が参加予定と、性年代別で最も多い結果となった。前年調査では 20 代女性の参加予定が最も多かった (32.1%) が、今年は 20 代と 30 代の参加予定率が入れ替わる結果となった。
■参加予定の行事、最多は「食事主体の外食店での飲食、パーティー、イベント」

どのような行事へ参加予定があるかという設問に対しては、「食事主体の外食店での飲食、パーティー、イベント」 (11.4 % ) が最多で、僅差の 2 位に「飲酒主体の外食店での飲食、パーティー、イベント」 (11.3 % ) と、ほぼ同程度の回答を集めた。スコアはほとんど同じながら、昨年と比べると「食事主体の外食」と「飲酒主体の外食」の順位が入れ替わった。また、性年代別には、 30 代女性で「ホームパーティー」 (16.0 % ) への参加予定が多く、 20 代男性では「カラオケ店、カラオケボックスでの飲食、パーティー、イベント」 (12.8 % ) への参加予定が多いなど、男女間での差も見られた。
■「ハロウィーン」行事に、仮装して参加したい人は 39.6 %と昨年実績を上回る

行事における仮装の状況については、全体で 22.6 %だった参加予定者のうち、仮装で参加したい人は 39.6 %であった。性年代別で見ると、 30 代女性では 55.5 %と半数以上、 20 代男性ではほぼ半数の 49.9% 、 20 代女性では 49.7% が仮装で参加したいとしており、他の性年代より意向が高い。
■「ハロウィーン」肯定派が 2 年連続で微増、若年層ほど肯定派が多い傾向

日本での「ハロウィーン」習慣と仮装の是非について「良い」「良くない」の二択で質問した。普及については 68.1 %、仮装については 62.0 %が「良いと思う」と回答。 2 年連続して肯定派が増加の傾向にある。年代別には、若い年代ほど肯定派が多く、男女では女性のほうがやや肯定派が多かった。
■肯定理由は「経済効果がある」が 3 年連続で増加

肯定の理由は、「本来の意味と違っても日本風に楽しめばよい」 (45.5 % ) が最多、 2 番目に「たまにはめを外す機会としてよい」 (41.5 % ) 、 3 位に「経済効果がある」 (36.3%) であった。「経済効果がある」は 3 年連続でスコアを伸ばしている。 20 ・ 30 代男性では「日本風に楽しめばよい」が他の性年代に比べてスコアが低く、逆に 60 代男女はスコアが高めで「日本風」に寛容だ。また、 20 ~ 40 代男性と 20 代女性では「たまにはめを外す機会としてよい」が高めで、非日常を楽しむ機会として肯定的だった。
■否定派の理由トップは「理由をつけて騒ぐのはよくない」で 53.8%

否定する理由は、 1 位が「何かと理由をつけて騒ぐのはよくない」 (53.8 % ) で、「自分には関係がないように思う」 (49.5 % ) 、「本来の意味や趣旨を理解すべきだ」 (46.2%) が続いた。トップ 3 において昨年と比べて 2 位と 3 位が入れ替わった。また、「もっと日本の伝統行事を大事にすべき」は 3 年連続でスコアが低下している。 20 代男女と 40 代男性では「何かと理由をつけて騒ぐのはよくない」が特に多く、若年層は参加意向が高い一方で否定派も多い実態があった。また、女性では 20~50 代の幅広い年代で「仮装が単にコスプレになりつつある」ことへの否定派も目立った。

【調査概要】
調査名:外食市場調査 (8 月度 )
調査方法:インターネット
調査内容:首都圏、関西圏、東海圏における、夕方以降の外食および中食のマーケット規模を把握することを目的に実施した調査の中で、ハロウィーンに関連した飲食・パーティー・イベントの参加状況や参加意向、仮装経験、ハロウィーンに対する考え方などを聴取
調査対象:首都圏 ( 東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城 ) 、関西圏 ( 大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀 ) 、東海圏 ( 愛知・岐阜・三重 ) に住む 20 ~ 69 歳の男女 (n=16,893)

記事配信/外食ドットビズ(2018/10/15)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら
TOPへ