うなぎのちらし寿司

栄養豊富なうなぎをお手軽ちらし寿司で!

かば焼きのたれは、すし飯の酸味ととてもよく合います。今回ご紹介するのは、うなぎのかば焼きを使ったちらし寿司。青じそ、みょうがを散らすと、彩りも香りもアップして食欲をそそられる一品に。急なお客さまにもさっと作れて、おもてなしにも活躍します!

材料(2人分)

温かいご飯
400g
うなぎのかば焼き
1串
みょうが
1個
青じそ
2枚
焼きのり
1枚
かば焼きのたれ(好みで)
適量
おろしわさび
小さじ2

錦糸卵

1個
サラダ油
小さじ1

A

砂糖
小さじ1
小さじ1
片栗粉
小さじ1/2
小さじ1/4

すし酢

大さじ1 
砂糖
小さじ1
小さじ1/4

作り方

  • 錦糸卵を作る。ボウルに卵を溶きほぐし、Aを加えて混ぜる。フライパンにサラダ油を中火で熱し、卵液を流し入れる。両面焼いて取り出し、冷めたら長さ4センチのせん切りにする。

  • うなぎのかば焼きは串を外して4等分に切り、耐熱の器に入れる。ラップをかけて電子レンジ(600W)で1~2分加熱する。みょうがは縦半分に切り、さらに斜め薄切りにする。青じそは縦半分に切り、横向きにしてせん切りにする。焼きのりは長さ4センチの細切りにする。すし酢の材料を混ぜ合わせておく。

  • 温かいご飯にすし酢を回しかけ、さっくりと混ぜて水分をとばす。器に盛り、のり、錦糸卵、みょうが、青じそを散らし、かば焼きをのせる。好みでかば焼きのたれをかけ、わさびをのせる。

POINT

缶詰のいわしやさんまの蒲焼きでも同じように作れます。缶詰をストックしておけば、ランチや時間のない時でもささっと作れて便利です。