定番おでん

具のひと工夫で見た目も華やかなおでんに!

牛すじは、関西風のおでんにはおなじみの食材。すじのうまみで、つゆがさらにおいしくなるので、おすすめです。ちくわ、油揚げに野菜でアレンジを加えると、おでんの彩りがアップします。

材料(2~3人分)

牛すじ
200g
大根
4センチ
だし汁
5カップ

ちくわの野菜詰め

ちくわ
2本
にんじん(幅5ミリ、長さ12~14センチ)
4本分
さやいんげん
4本

油揚げの野菜巻き

油揚げ
1枚
にんじん(幅5ミリ、長さ4~5センチ)
12本分
えのきだけ
1/4袋
三つ葉
8本

A

しょうゆ
大さじ2
小さじ1
1/2カップ
みりん
1/2カップ

作り方

  • 牛すじ、大根の下ごしらえをする。牛すじは鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて火にかけ、沸騰したらざるに上げて水気をきる。一口大に切り、竹串にぬうようにして刺す。大根は厚さ2センチの半月切りにする。

  • ちくわの野菜詰めを作る。さやいんげんは筋を取る。ちくわにいんげん、にんじんを等分に詰めて長さを半分に切り、さらに斜め切りで半分に切る(合計4個できる)。

  • 油揚げの野菜巻きを作る。三つ葉は熱湯でさっとゆでる。油揚げは熱湯をかけて水気を切り、長さを4等分に切って開く。中面を上にしておき、にんじん、えのきだけを等分にのせてくるくると巻き、三つ葉でしばる。

  • 鍋にだし汁を入れて牛すじ、大根を入れて中火にかけ、30分ほど煮る。A、ちくわの野菜詰め、油揚げの野菜巻きを加えてさらに5分煮る。

POINT

残ったおでんには、みそを加えてみそ煮込みにしてもよいでしょう。おろしにんにく、しょうが汁などを加えると風味もよくなります。