ささみとたっぷり野菜の生春巻き

ベトナム風の生春巻きは、ビールにぴったり

見た目の美しさと、皮の繊細な食感が魅力的。野菜をたっぷり巻いて、ヘルシーなのもうれしいところです。入れる野菜はお好みですが、セロリや香菜など、香りの強いものを入れるのがポイントです。ピーナッツの香りと食感もアクセントになるので、たっぷり入れましょう。つけだれには、ぜひスイートチリやナンプラーを。本格派のエスニック味になります。

材料(2~3人分)

ささみ
3本
セロリ
1/2~1本
にんじん
1/2本
香菜
1把
ピーナッツ
50g
ライスペーパー
3~4枚
スイートチリ
適量
ナンプラー
適量

作り方

  • ささみは耐熱の皿にのせ、酒をふってラップをかけ、電子レンジ(600W)で3~4分加熱する。そのまま粗熱をとり、食べやすい大きさにさく。*電子レンジの加熱時間は目安なので、様子をみて加減する。

  • セロリは長さ4センチのせん切りにする。にんじんは皮をむき、長さ4センチのせん切りにする。ピーナッツは粗くきざむ。香菜は長さを3~4等分に切る。

  • ライスペーパーが入る大きさの皿などにぬるま湯を入れ、ライスペーパーを浸す。柔らかくなったら広げたまま持ち上げ、まな板にのせる。皮の手前に、ささみや野菜、ピーナッツなどをのせる。巻いたときに中の具が見えるので、彩りよくきれいに並べるとよい。あとはのり巻きのような容量で、くるくると巻く。具がくずれないよう、できるだけきっちりと巻き込んで。

POINT

春巻きの皮は、ライスペーパーというように、米が原料。インディカ米のペーストを薄く広げて乾燥させたものです。水で戻すと、透き通ってもちっとした食感になります。戻し方は、袋の表示を参考にして下さい。柔らかくはりつきやすいので、戻した皮を重ねておくと、くっついて破れてしまうことがあるので注意して。扱いなれないうちは、1枚ずつ戻すとよいでしょう。