こっくりモツみそ鍋

煮込むほどにおいしくなる!

にんにくをたっぷり入れた、みそ味のモツ煮込み。唐辛子をきかせると、体がポカポカ温まるだけでなく、モツ特有のクセもやわらいで、おいしく食べられます。モツとは、広い意味で内臓全般のことを言いますが、一般的に煮込みや焼きものに使われるモツは、豚の腸(大腸、小腸、直腸)のこと。弾力のある歯応えが魅力です。ボイルした状態で売られているので、そのまま煮込むだけ。手軽に使える食材です。

材料(4人分)

豚白モツ(ゆでたもの)
300~400g
大根
1/4本
キャベツ
1/2個
ねぎ
1本
にら
1わ
もやし
1袋
にんにく
2かけ
鶏ガラスープの素
大さじ1
みりん
大さじ4
1/2カップ
しょうゆ
大さじ1
韓国産粉唐辛子
大さじ1
みそ
大さじ3

作り方

  • 鍋に湯1リットル、鶏ガラスープを入れて中火にかけ、煮立ったらモツを入れ、ふたをして、ときどきアクを取りながら30~40分煮る(水分がかなり減ってしまうようなら、スープをたす)。

  • 煮ている間に野菜の準備をする。大根は皮をむいて厚さ7~8ミリのいちょう切りに、キャベツはざく切り、ねぎは幅1センチの斜め切りにする。にらは長さ4~5センチに切る。にんにくは薄切りにする。鍋に、にんにく、みりん、酒、しょうゆを入れ、みそは溶き入れて、唐辛子を加える。

  • 大根、ねぎ、キャベツの順に具を加える。野菜が柔らかくなってきたら、もやし、にらを加え、しんなりとしたらでき上がり。

POINT

鍋の仕上げはラーメンで。モツと野菜のうまみがたっぷりのスープに、ゆでた中華麺を加えてさっと煮ます。香菜や青ねぎなどをのせてもおいしい。