鮭と酒粕のみそ鍋

酒粕とみそは好相性! 体が温まります

冬には鍋が一番。野菜がたっぷり食べられるし、何より手間がかからないお助けメニューですが、マンネリになりがちなのが悩みのタネ。そこで、酒粕を使ったみそ鍋をご紹介します。牛乳を加えることで、まろやかになって、酒粕の風味も引き立ちます。

材料(4人分)

生鮭の切り身
3~4切れ
絹ごし豆腐
1~2丁
白菜
1/4~1個
大根
1/2本
にんじん
1本
しめじ
1パック
まいたけ
1パック
小松菜
1/3わ
ねぎ
1~2本
だし汁
3カップ
牛乳
1カップ
みそ
大さじ2
酒粕
100g

作り方

  • 鮭、豆腐、野菜は、それぞれ食べやすい大きさに切っておく。にんじんや大根、白菜のしんなど、少し堅いものは小さめに切ると、火が通りやすい。

  • 土鍋に、だし汁を入れて中火にかけ、牛乳、みそを加えて混ぜる。温まってきたら、酒粕を加え、泡だて器でしっかりと溶き混ぜる。

  • 煮立ってきたら、堅い野菜と鮭から先に入れ(鮭のだしが出る)、あとは適宜具を加え、煮ながら食べる。

POINT

酒粕が余ったら、粕漬けを作りましょう。すりばちなどに酒粕を入れ、すりつぶすようにしながら、酒、みりんを加えて、なめらかになるまで混ぜます。ふたつきの保存容器に入れます。下処理をした魚の切り身(塩少々をふって2時間ほどおき、水気を拭き取る)を入れてからめ、冷蔵庫へ。酒粕200gに対して、酒1/4カップ、みりん1/4カップくらいが目安。魚は、ぎんだら、さわらなど好みのものでOK。翌日から食べられますが、3日目くらいがおいしい。