粗挽きメンチカツ

肉汁がジュワッと出てくるのは粗挽きだからこそ!

合いびき肉に粗くきざんだ牛肉を混ぜてたねを作ります。噛みごたえがあって、牛肉のうまみがたっぷり味わえます。肉だねにウスターソースを入れると、スパイスを加えたような深みのある味になるのもポイント。手作りの美味しさが存分に味わえるメンチカツです。

材料(2人分)

合いびき肉
200g
牛小間切れ肉
100g
小さじ1/2強
黒こしょう
少々
薄力粉
適量
パン粉
適量
揚げ油
適量
キャベツ(せん切り)
2~3枚分
貝割れ菜(長さを半分に切る)
1/2パック
トマト(くし形切り)
1/2個

A

玉ねぎ(みじん切り)
1/2個分
1個
パン粉
大さじ3
ウスターソース
大さじ1

卵液

溶き卵
1個分
薄力粉
50g
40ml

作り方

  • 牛肉を包丁でおおまかに切った後、包丁でたたいて粗いミンチ状にする。

  • ポリ袋にたたいた牛肉とひき肉、塩、黒こしょうを入れ、全体が白っぽくなるまでポリ袋の外からもみ込む。冷蔵庫で15分ほどおく。

  • バットに卵液の材料を混ぜ合わせておく。ひき肉の袋にAを加え、全体がなじむまでかるくもみ、4等分にして小判型にまとめる。中央を少しくぼませ、薄力粉、卵液、パン粉の順に衣をつける。揚げ油を170度に熱し、きつね色になるまで3~4分揚げて油をきり、皿に盛る。キャベツと貝割れ菜を混ぜて添え、トマトも添える。

POINT

手作りメンチカツとキャベツにソースをかけてサンドイッチにしましょう。パンは食パンを使うのがおすすめ。ジューシーなメンチカツとベストバランスです!