夏野菜のドライカレー

なすとカレーは相性抜群です!

暑いときには、ルウを使ったカレーよりも、カレー粉で作るスパイシーなドライカレーのほうが食が進みます。ご飯やナンと一緒に食べるのはもちろんですが、野菜で包んで食べるのもおいしいので、おつまみにはぴったり。なすは、一度素揚げしてから炒めると、格段においしくなるのでぜひお試し下さい。ひき肉から脂が出るので、炒めるときに油を入れなくても大丈夫です。

材料(2~3人分)

豚ひき肉
400g
なす
2個
パプリカ
1/2個
玉ねぎ
1/2個
にんにく
1かけ
しょうが
1かけ
Aウスターソース
大さじ4
 ケチャップ、生クリーム
各大さじ2
 カレー粉
大さじ1と1/2
 レタス、きゅうり
各適量

作り方

  • なすはへたを切り、パプリカはへたと種を取ってそれぞれ一口大の乱切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。揚げ油を中温に熱し、なすの水気をよく拭いて入れ、こんがりとするまで揚げて取り出す。

  • フライパンににんにく、しょうがを入れ、ひき肉を加えてほぐしながら炒める。肉がポロポロにほぐれたら玉ねぎを加えて炒め、さらにパプリカを加えて脂がなじむまで炒める。カレー粉、ソース、ケチャップ、生クリームを加え、全体がなじむまでよく炒め合わせる。

  • 揚げたなすを戻し入れて炒め合わせる。器に盛り、レタスをちぎって添え、きゅうりも薄切りにして添える。そのまま食べるか、レタスで包んで食べる。

POINT

トッピングを添えると、味の調整ができて飽きずにたっぷり食べられます。カレーはマイルドな辛みに仕上げてあるので、一味唐辛子で辛みをプラスしたり、粉チーズをふってさらにコクを加えたりしてもよいでしょう。