変わりだねおでん

洋風の具をプラス ひと味違う豪華おでん

おいしいおでんを作る秘訣は、いろいろな具をたっぷり入れること! 今回は、ハーブ入りの肉団子や鴨肉などを加えることで、より深みのある味わいに仕上げます。味のしみたトマトも新鮮なおいしさ。煮崩れるので、トマトは丸ごと入れましょう。少し時間をおいたほうが味がよくしみこむので、時間のあるときに煮ておくのもよいでしょう。

材料(4~6人分)

昆布
5×10センチ1枚
花かつお
ひとにぎり
大さじ4
薄口しょうゆ
大さじ4
みりん
大さじ3
A 合びき肉
200g
  小麦粉
大さじ1
  卵黄
1個分
  ハーブミックス
小さじ1
鴨肉
200g
手羽先
5本
3個
ちくわ
2本
さつま揚げ(小)
5~6枚
はんぺん
1枚
巻きしらたき(小)
5~7個
がんもどき(小)
6個
トマト(大)
1個
大根
10センチ

作り方

  • トマトはへたを取って熱湯にくぐらせ、皮がむけてきたら冷水にとり、皮をむく。鴨肉は皮目に幅5ミリの格子状の切り込みを入れる。ゆで卵を作る。卵を鍋に入れ、たっぷりの水を入れて火にかける。沸騰したら中火にし、6~7分ゆでて水にとり、殻をむく。大根は皮をむき、厚さ1センチくらいに切る。

  • 鍋に水6カップと昆布を入れて火にかける。昆布に細かい泡がたくさんついてふつふつとしてきたら花かつおを加え、火を止める。花かつおが沈んだら万能こし器でこして、おでんの鍋に入れる。酒、薄口しょうゆ、みりんを加えて煮汁を作る。

  • Aを練り合わせてハーブ肉団子のたねを作る。鍋を火にかけ、手羽先、鴨肉を入れる。煮汁が煮立ってきたらハーブ肉団子のたねをスプーンですくって入れる。肉が固まったら、その他のたねも入れる。具に火が通ればでき上がり。

POINT

最初に、手羽先や鴨肉、ひき肉団子などを入れることで、煮汁に肉のうまみが加わっておいしくなります。鴨肉に切り込みを入れておくと、歯応えと味のしみ込みがよくなります。