初がつおとグレープフルーツのサラダ

初夏ならではの旬の味を爽やかに

初がつおは、秋の戻りがつおに比べて脂は少なめ、あっさりしていて食べやすいのが特徴。たたきが定番ですが、さっぱりしたサラダ仕立てもよく合います。グレープフルーツを使った香りのよいサラダをご紹介します。油は入れずに、粒マスタードの香りと塩気をきかせます。ぜひお試しを。

材料(2人分)

かつお(刺身用)
8切れ
グレープフルーツ
1個
クレソン
2わ
ラディッシュ
2~3個
粒マスタード
小さじ2
少々
黒こしょう
少々

作り方

  • クレソンは食べやすく切り、ラディッシュは薄切りにして冷水にさらし、パリッとなったら水気をよくきる。

  • グレープフルーツの皮を厚くむき、写真のように房を切り出しながら果肉を取り出す。果汁はドレッシングがわりになるので、下にボウルなどをおいて果汁もとっておく。

  • 2のボウルに粒マスタード、かつおを加えてあえる。1の野菜も加えて混ぜ合わせ、塩、こしょうをふって味をととのえる。

POINT

グレープフルーツの爽やかな酸味は魚介系によく合います。手軽にツナと合わせてツナサラダにするのもおすすめです。