えびとアスパラガスの塩炒め

プリプリえびの食感がたまらない!

塩炒めは具を入れすぎない方が素材の味が引き立ちます。下ごしらえも簡単だから、あっという間に作れるのもうれしい。アスパラガスを下ゆでしておくとちょうどよい歯応えに仕上げられ、炒め時間も短縮できます。

材料(4人分)

むきえび
300g
グリーンアスパラガス
10本
適量
こしょう
少々
ごま油
大さじ1
にんにく(みじん切り)
1かけ
しょうが(みじん切り)
1かけ
鶏ガラスープの素
小さじ1
A 片栗粉
小さじ2
  水
小さじ2

作り方

  • むきえびは塩、こしょう少々をふる。アスパラガスは根元の堅い皮をむき、食べやすい長さに切る。塩少々(分量外)を入れた熱湯に茎を入れ、再び煮立ったら穂先を加え、合計2分弱ゆでてざるに上げ、湯をきる。

  • フライパンにごま油を中火で熱し、にんにく、しょうがを炒める。香りが出たらむきえびを加えて炒める。えびの色が変わってきたらアスパラガスを加えて炒める。

  • 鶏ガラスープの素、湯1カップを加える。煮立ったら塩少々で味をととのえ、Aを混ぜて加えてとろみをつける。

POINT

麺にかけて食べるのもおすすめ。中華蒸し麺をこんがりと焼きつけ、上からえびとアスパラの塩炒めをかけます。とろみがついているから、麺にも味がよくからみます。