いろどりナムルのビビンパ

スナップえんどうとたけのこ、シャキシャキ野菜がいっぱい!

ビビンパのビビンは「混ぜる」、パは「ご飯」という意味で、ご飯も具もしっかり混ぜ合わせて食べるのが韓国流。ですから、ちょっと濃い目に味つけした牛肉と、シャキシャキと歯ざわりの良いナムル(野菜のあえもの)は好相性なのです。味も栄養バランスも満点。にんにくとごまの風味が食欲をそそります。

材料(4人分)

牛小間切れ肉
300g
ゆでたけのこ
1個(200g)
スナップえんどう
200g
温かいご飯
小どんぶり4杯分
ねぎ
10センチ
A 塩
小さじ1/3~1/2
  にんにく(すりおろし)
少々
  ごま油
小さじ2
  白きざみごま
大さじ2
B にんにく(すりおろし)
小さじ1
  砂糖
小さじ2
  酒
大さじ2と1/2
  みりん
大さじ2と1/2
  しょうゆ
大さじ2と1/2
  コチュジャン
大さじ1

作り方

  • たけのこは長さ4~5センチ、幅1センチくらいの食べやすい大きさに切る。スナップえんどうは筋を取る。ねぎはみじん切りにする。牛肉は少し細かく切る。鍋に塩少々(分量外)を入れた湯を沸かし、スナップえんどうを入れる。煮立ってきたらたけのこを加える。再び煮立ったら一緒にざるに上げて水気をきり、粗熱がとれたら、スナップえんどうの大きいものは縦半分に開く。

  • ボウルにAを混ぜ合わせ、たけのこ、スナップえんどうを加えてよくあえる。

  • 牛肉のピリ辛炒めを作る。フライパンにごま油を中火で熱し、牛肉を炒める。肉の色が変わったらBを上から順に加えて炒め煮にする。水分がなくなってきたらにんにく、ねぎを加えて混ぜ合わせ、火を止める。器にご飯を盛り、たけのことスナップえんどうをのせ、その上に牛肉をのせ、混ぜながら食べる。コチュジャンを添え、好みで辛みをたしてもよい。

POINT

牛肉のピリ辛炒めは、少し多めに作っておくと常備菜としても便利。麺類のトッピングや、お弁当のおかずにもなります。3~4日で食べきって。