チキンとアボカドのボリュームちらし

お祝いにはコレ! 子どもは大喜び

大人数のお祝いには、華やかなちらし寿司がおすすめです。具には、子ども達が大好きな鶏の照焼きと、マヨネーズ味のアボカドを。すし飯とよく合って食べ応えも満点です。具がこっくりしているので、すし飯にはきざんだ青じそを混ぜて香りよくさっぱり仕上げます。おかわり間違いなしです。

材料(4~6人分)

3合
すし酢
大さじ6
鶏むね肉
1枚(約250g)
A しょうゆ
大さじ2弱
  みりん
1/4カップ
  砂糖
大さじ1
2個
青じそ
5枚
アボカド
1個
えび(ボイル)
200g
きぬさや
6~8枚
サラダ油
適宜
マヨネーズ
適宜
砂糖
小さじ1
大さじ1
粗引き黒こしょう
少々
白いりごま
適量
きざみのり
適量

作り方

  • 鶏むね肉は一口大のそぎ切りにする。フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、鶏肉を入れてさっと両面焼きつける。Aを加え、フライパンをゆすりながら2~3分煮る。汁気が少なくなり、とろりとしてきたら火を止める。青じそはせん切りにする。米3合はふつうに炊き、炊きたてをボウルに入れる。すし酢を加えてしゃもじで切るように混ぜ、少し水分を飛ばす。青じそを入れて混ぜ合わせる。

  • 卵をボウルに溶きほぐし、砂糖を混ぜる。フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、卵液を全量流し入れ、フライパン全体に広げる。端が固まってきたら裏返し、裏面も焼いて取り出し、食べやすい長さの細切りにする。酒を入れた熱湯(湯3カップに対して酒大さじ1)でえびをさっとゆで、ざるに上げて湯をきる。きぬさやは筋を取り、熱湯でゆでてざるに上げ、湯をきって細切りにする。

  • アボカドは皮にぐるりと切り込みを入れ、ひねって外し、種を取る。皮をむいて小さめの一口大に切ってボウルに入れる。マヨネーズ大さじ2、粗引き黒こしょうを加えてあえる。すし飯を大きな器に盛り、鶏の照焼き、卵焼き、アボカド、えび、きぬさやを全体に散らし、白ごまをふる。照焼きのたれの残りとマヨネーズ適量を全体にかける。取り分けて、きざみのりをのせる。

POINT

すし飯に混ぜる香味野菜はお好みで。万能ねぎや、みょうがの小口切りもおすすめです。ほかには、三つ葉などでも。