さんま炊き込み&かば焼きごはん

旬のさんまづくしの贅沢な味わい!

秋といえばさんま、そして新米の季節です! さんまをたっぷり使った、鍋炊きのおいしいごはんを食べましょう。火にかけてからは15分くらいででき上がるので、実は炊飯器よりも手軽。ご飯が炊ける香りや、炊き上がりにふたを開ける瞬間のワクワク感も楽しめます。 塩焼きさんまを炊き込んだご飯に、甘辛味のかば焼きをのせた豪華版! 食卓でふたを開ければ、みんながアッと驚きます。

材料(3~4人分)

3合
さんま
3尾
少々
A だし汁
475ml
  しょうゆ
大さじ2
  酒
大さじ2
  みりん
大さじ2
梅干し
2個
サラダ油
大さじ1/2
B しょうゆ
大さじ3
  みりん
大さじ2
  砂糖
大さじ1と1/2
万能ねぎ
4~5本

作り方

  • さんまを三枚におろす。さんまは頭を切り落とし、頭の方から腹部まで切り込みを入れて内臓をかき出し、流水できれいに洗う。尾のつけ根から包丁を入れ、包丁を寝かせて中骨に当てながら頭に向かって切り、上側の身を切り離す。裏返して下側の身も同様に切り離し、上側、下側、中骨のついた部分に切り分ける。※売場でおろしてもらってもよい。さんまの切り身4枚(2尾分)に塩をふり、グリルで焼く(残りはかば焼き用)。

  • 米は洗ってざるに上げ、10~30分おく。土鍋に米とAを入れてかき混ぜる。上に塩焼きにしたさんまと梅干しをのせ(梅干しはさんまの臭み消しのため)、ふたをして強火にかける。沸騰して、泡があふれてきたら弱火にし、10分加熱する。火を止め、そのまま5分蒸らす。ふたを外して梅干しを取り除き、さんまをこまかくほぐしながらご飯を混ぜる。

  • フライパンにサラダ油を中火で熱し、さんまの切り身2枚(1尾分)を両面焼きつける。Bを混ぜて加え、全体にからめてかば焼きにする。炊き上がったさんまご飯の上にかば焼きをのせる。万能ねぎを小口切りにして全体に散らす。

POINT

鍋で炊く場合、強火でしっかりと沸騰させ、すぐに弱火にするのがコツです。炊飯後の蒸らしは、余分な水分を蒸発させるための時間。蒸らしてもまだ水っぽい場合は、再びふたをして、もう少し時間をおきましょう。鍋や火力によって多少炊きあがりは違いますが、水っぽかったら次は炊飯時間を少し長め、焦げが多かったら短めにという風に、数回炊くうちにコツはつかめます。