お楽しみ手巻き寿司

簡単なのに華やか。パーティにもぴったりです

手巻き寿司は、子どもにも大人にも大人気。手間はかかりませんし、どの具を組み合わせようかと選ぶ楽しさで食卓も自然に賑わい、パーティメニューにはもってこい。父の日のお祝いにもおすすめです。お父さんの好きな刺身を中心に、いくらや手作りのねぎとろ、アクセントになるマヨネーズ味、アボカド味、漬物、しそなどの香味野菜も加えれば、あきずにたくさん食べられます。

材料(4~6人分)

3合
すし酢
90~100ml
焼きのり(大判)
適量
焼きあなご
100g
いくら、とびっこ
各50g
サーモン
200g
いか刺身
60g
ねぎ
1/4本
きゅうり
1~2本
貝割れ菜
1パック
青じそ
5~10枚
漬物(ごぼうなどの好みのもの)
適量
●えびアボカド
1個
             むきえび
100g
             こしょう
少々
             マヨネーズ
大さじ2
●カニマヨ   カニ風味かまぼこ
100g
          マヨネーズ
大さじ1
●ツナマヨ   ツナ(缶詰)
2缶(160g)
          マヨネーズ
大さじ2

作り方

  • 米3合を普通に炊き、炊きたてをボウルに入れる。すし酢を加え、しゃもじで全体をきるように混ぜて水分を少しとばし、食べる直前までラップか絞った濡れ布巾をかぶせておく。具の準備をする。きゅうりはせん切りにし、貝割れ菜は根元を切る。ねぎを粗みじん切りにする。まぐろは、半分は刺身にし、残り半分は粗くきざむ。ねぎの粗みじん切りを混ぜ、包丁でさらに細かくたたいてねぎとろを作る。

  • えびアボカドを作る。えびは耐熱の器に入れ、電子レンジ(600W)で2分ほど加熱し、粗熱をとる。アボカドは縦半分にぐるりと包丁で切り込みを入れ、両手で持って、反対方向にひねって外し、種を包丁の根元で刺して取り出す。皮をむき、一口大に切ってボウルに入れる。えび、こしょう、マヨネーズを加えてあえる。*電子レンジの加熱時間は目安なので、様子をみて加減する。

  • カニマヨ、ツナマヨを作る。かに風味かまぼこは手で細くさいてボウルに入れ、マヨネーズを加えてあえる。ツナは缶汁をきってボウルに入れ、マヨネーズを加えてあえる。大皿に刺身など準備した具を彩りよく並べ、焼きのりは四等分に切って添え、すし飯も添える。

POINT

手巻き寿司をもっと楽しくするために、道具にひと工夫。めいめいの取り皿だけでなく、小さな巻きすと小さなしゃもじをセットにして、マイ手巻き寿司セットを作ってみてはいかがでしょう。100円ショップで売っているもので充分。それぞれの席に並べておくと、ちょっとあらたまった感じになって、楽しく食べられます。