味つきサックリ鶏天ぷら

から揚げとは違ったおいしさ!いろいろな薬味で

鶏肉といえばから揚げ、と思いがちですが、天ぷらころもで揚げるのもまたおいしいものです。大分県では、「とり天」という郷土料理として親しまれている料理だとか。いろいろな味つけがあるようですが、今回はめんつゆを使い、簡単に下味がつけられるようにしました。また、食べるときにもひと工夫。数種類の薬味を添えておくと、味に変化がついていくらでも食べられるおいしさになります。

材料(3~4人分)

鶏もも肉
2枚(約500グラム)
めんつゆ(3倍濃縮)
大さじ1
ねぎ
1本
しし唐辛子
5~6本
天ぷら粉
120グラム
冷水
1カップ
揚げ油
適量
●薬味
  レモン
適量
  カレー粉
少々
  塩
少々
  かんずり
少々

作り方

  • 鶏肉は一口大より少し大きめのそぎ切りにする。ボウルに入れ、めんつゆを加えてもみ込み、下味をつける。ねぎは長さ3~4センチに切る。しし唐辛子はへたを少し切り落とし、つま楊枝などで1本につき、1~2カ所穴をあける(そのまま揚げると、破裂する場合があるので、穴を数ヶ所あけておく)。

  • 天ぷらころもを作る。天ぷら粉をボウルに入れ、冷水を加えて混ぜ合わせる。

  • 揚げ油を中温(170度)に熱する。ねぎの水気をしっかり拭いて揚げ油に入れ、素揚げにする。続けてしし唐辛子も素揚げにする。2のころもに鶏肉を入れ、1枚ずつからめながら揚げ油に入れて、全体がこんがりとして、菜箸がスーッと通るくらいまで揚げて取り出し、油をきって皿に盛る。薬味皿に、カレー塩(POINT参照)、かんずり、くし形に切ったレモンをのせて添え、好みでつけていただく。

POINT

天ぷらには下味がついているので、そのままや、塩だけでもおいしく食べられますが、薬味を変えるとまた違ったおいしさになります。写真は左から、カレー塩(塩にカレー粉を混ぜたもの)、かんずり(新潟県の特産品。赤唐辛子に米麹と塩を混ぜて発酵させた辛味調味料)、レモン。ほかに、粉山椒やゆずこしょうを添えたり、レモンのかわりにかぼすの果汁をふってもいいでしょう。