エチュード(Etude)

エチュードは、1980年代にカリフォルニアのナパ・ヴァレーで数多くの有名プレミアムワイナリーを手掛けた伝説のワインコンサルタント、トニー・ソーター氏が自ら1982年に立ち上げたワイナリーです。エチュードの名前の由来は、「練習」「鍛錬」「訓練」などであり、試行錯誤してよいワインをつくっていくという意思表示となっています。「ワイン造りは収穫のかなり前からヴィンヤードで始まっているのであり、優れたぶどうができればワインメーカーはあまり手をかける必要がなくなる」という彼の哲学のもと、ピノ・ノワール育成に理想的な6タイプのソイル(土壌)を持つ自社栽培畑(約200エーカー)からもたらされるシングルヴィンヤードのピノ・ノワールは特に秀逸です。

受賞歴

エチュードのピノ・ノワールは、35年間で多数の90ポイント以上のスコアを獲得しています。

ワインスペクテーター誌

  • 32以上の90ポイント以上のスコアを獲得

ワインアドヴォケート誌

  • 90以上の90ポイント以上のスコアを獲得

ワインエンスージアスト誌

  • 65以上の90ポイント以上のスコアを獲得

ワインメーカー

ジョン・プリエスト

ジョンのスタイルは、畑の管理チームと密接にコミュニケーションを取り、ワインはワイナリーではなく、エレガントな土地の個性を持ったぶどう畑からできるものであることを実証すること。彼は既に名声を獲得しているワインメーカーであるが、50種以上も試醸を続ける研究家でもある。(もちろん優先順位はピノ・ノワールであることは言うまでもない)有名ワイナリーWild Horse, Adelaida Cellars,Tazなどで経験を積み、Etudeで働き始めた。

このワイナリーのおすすめワイン

カリフォルニアワイン

サンフランシスコ湾からの霧が内陸部まで冷気を運び、しかも降雨量も年間を通して少なく十分な日照が得られるなど、カリフォルニア州の気候は、まさにワイン用のぶどう造りに適しています。こうした恵まれた環境の中、ヨーロッパ系のぶどうがよく育ち、特に北部カリフォルニアのサンフランシスコ湾北側に広がるソノマヴァレー、ナパヴァレー一帯や、ロサンゼルス北西のサンタ・マリア・ヴァレー、さらに内陸部のセントラル・ヴァレーなどは上質なワインを産する場所として有名です。

ワシントンワイン

サンフランシスコ湾からの霧が内陸部まで冷気を運び、しかも降雨量も年間を通して少なく十分な日照が得られるなど、カリフォルニア州の気候は、まさにワイン用のぶどう造りに適しています。こうした恵まれた環境の中、ヨーロッパ系のぶどうがよく育ち、特に北部カリフォルニアのサンフランシスコ湾北側に広がるソノマヴァレー、ナパヴァレー一帯や、ロサンゼルス北西のサンタ・マリア・ヴァレー、さらに内陸部のセントラル・ヴァレーなどは上質なワインを産する場所として有名です。