ワイン

エチュード(ETUDE)

シャルドネ・カーネロス

Chardonnay Carneros

はっきりとした青りんご、熟した梨、柑橘類の香りが、微かなフローラルノートやトロピカルな香りと調和しています。ミネラル感に富み、リッチで洗練された絶妙なバランスのシャルドネです。

  • facebook
  • twitter
  • line

このワインの詳細

ワインのタイプ
白  やや辛口   
格付け
AVA ロス・カーネロス
合う料理
鴨肉のロースト
参考小売価格(税抜き)
¥7,000
アメリカ 
ぶどう品種
シャルドネ種
飲み頃温度
10〜12℃
容量
750ml

受賞歴 / 生産者・生産地情報

生産者・生産地情報(エチュード)

エチュード
カーネロス地区の極上のピノ・ノワールとシャルドネ。エチュードは、80年代にカリフォルニアのナパ・ヴァレーで数多くの有名プレミアムワイナリーを手掛けた伝説のワインコンサルタント、トニー・ソーター氏が自ら1982年に立ち上げたワイナリー。エチュードの名前の由来は、「練習」「鍛練」「訓練」などであり、試行錯誤してよいワインを作っていくという意思表示。「ワイン造りは収穫のかなり前からヴィンヤードで始まっているのであり、優れたぶどうができればワインメーカーはあまり手をかける必要がなくなる」という彼の哲学のもとにワインづくりが行われています。現在のワインメーカーは、これまでアデレイダ(パソ・ロブレス)、ワイルド・ホース(セントラル・コースト)で活躍していたジョン・プリースト氏に引き継がれましたが、ソーター氏はアドバイザーとして今日もエチュードのワインを見守っています。ワイナリーは19世紀に建てられたブランデー蒸留所で、「エチュード(練習曲)」という名前には、ソーターが優れたピノ・ノワールを造くるのには、経験を積まなければならないという思いが込められています。