ワイン

エチュード(ETUDE)

ピノ・ノワール・カーネロス

Pinot Noir Carneros

ザクロ、チェリー、ラズベリーなどの香りに白檀のスパイシーな香りが覆い、熟した赤い果実の香りを持つ古典的なグレース・ベノア・ライチのスタイルを表しています。洗練されたタンニンとナチュラルな酸味が贅沢で複雑な味わいをつくり出します。

  • facebook
  • twitter
  • line

このワインの詳細

ワインのタイプ
赤  フルボディ   
格付け
AVA ロス・カーネロス
合う料理
牛肉の赤ワイン煮込
参考小売価格(税抜き)
¥7,500
アメリカ 
ぶどう品種
ピノ・ノワール種
飲み頃温度
15〜16℃
容量
750ml

受賞歴 / 生産者・生産地情報

生産者・生産地情報(エチュード)

エチュード
カーネロス地区の極上のピノ・ノワールとシャルドネ。エチュードは、80年代にカリフォルニアのナパ・ヴァレーで数多くの有名プレミアムワイナリーを手掛けた伝説のワインコンサルタント、トニー・ソーター氏が自ら1982年に立ち上げたワイナリー。エチュードの名前の由来は、「練習」「鍛練」「訓練」などであり、試行錯誤してよいワインを作っていくという意思表示。「ワイン造りは収穫のかなり前からヴィンヤードで始まっているのであり、優れたぶどうができればワインメーカーはあまり手をかける必要がなくなる」という彼の哲学のもとにワインづくりが行われています。現在のワインメーカーは、これまでアデレイダ(パソ・ロブレス)、ワイルド・ホース(セントラル・コースト)で活躍していたジョン・プリースト氏に引き継がれましたが、ソーター氏はアドバイザーとして今日もエチュードのワインを見守っています。ワイナリーは19世紀に建てられたブランデー蒸留所で、「エチュード(練習曲)」という名前には、ソーターが優れたピノ・ノワールを造くるのには、経験を積まなければならないという思いが込められています。