シファーコフ シルヴァネール トロッケン・セック フランケン

ワイン

M.シャプティエ

シファーコフ シルヴァネール トロッケン・セック フランケン Schieferkopf Sylvaner Trocken Sec Franken

緑がかった明るい黄色。アカシアや桃を思わせる華やかな香り。
口当たりはしなやかで、フレッシュで凝縮した柑橘系果実とほどよい酸味がバランスよく感じられます。

  • facebook
  • twitter
  • line

外部サイトへ遷移します

このワインの詳細

ワインのタイプ
甘辛度
  • 甘口
  •  
  • 中口
  •  
  • 辛口
果実味
  • かろやか
  •  
  • エレガント
  •  
  • リッチ
スタイル
  • ライトボディ
  •  
  • ミディアムボディ
  •  
  • フルボディ
格付け
Q.b.A.フランケン
合う料理・目的
天ぷら、焼き鳥(塩)、ピクルス、ベーコンとほうれん草のキッシュ
産地
ドイツ 
ぶどう品種
シルヴァネール種
飲み頃温度
10~12℃
容器
瓶、スクリューキャップ品
容量
750ml
参考小売価格(税抜き)
¥2,500

受賞歴 / 生産者・生産地情報

受賞歴

Q.b.A.フランケン

生産者・生産地情報

サプライヤ名:M.シャプティエ

シファーコフ
フランスとドイツの国境でもあるライン川流域の偉大なテロワールと品種で2008年からM.シャプティエが手掛けるシファーコフシリーズ。シファーコフとは、“片岩の丘”を意味します。
フランス・アルザス側はベルナール・ヴィレ村の急斜面の丘の中腹にある5haの青い片岩土壌の畑でワイン造りを行っています。下層土は5億4200万年前に遡るカンブリア紀のもので、最も標高の高い畑は海抜380mに位置します。12世紀にシトー派の修道僧がぶどうの木を植えていますが、その目に間違いはなかったと言えるでしょう。
一方、2015年にはライン川の対岸のドイツで優れたテロワールを探し求め、ドイツの銘醸地バーデンでリースリングを、そしてオーストリアで生まれ1650年代にドイツで初めて植えられたといわれるシルヴァーナをフランケンで栽培。
またドイツで2番目に大きな産地でもあるファルツで、近年ドイツでも人気が高いゲヴュルツトラミナーを石灰質土壌の畑で栽培し、個性溢れるワインを造っています。

M.シャプティエ

もっと見る

このお酒をもっと楽しもう!

M. シャプティエ

M. シャプティエ

名実ともに疑いのない世界の 頂点に君臨「M. シャプティエ」

M. シャプティエ 日本公式サイト

ブランドサイト

ワイン ブランド