なすの韓国風薬味じょうゆあえ

ピリ辛味でお酒もごはんもすすむ

なすは、切ってすぐに少量の油をなじませると変色しにくくなり、そのままじっくり蒸し焼きにすると、油で揚げたようにふっくらとした食感になります。香味野菜や唐辛子、ごま油を入れた韓国風の薬味じょうゆをそこにかければ、絶妙なおいしさに!

材料(2人分)

なす
4個
サラダ油
大さじ2
万能ねぎ(小口切り)
適量

薬味じょうゆ

ねぎ
5センチ
しょうが(せん切り)
1かけ分

A

しょうゆ
大さじ2
ごま油
小さじ2
一味唐辛子
小さじ1/4
白いりごま
小さじ1

作り方

  • なすは縞目に皮をむいて厚さ2センチの輪切りにし、サラダ油をまぶしておく。

  • フライパンに1のなすをいれて中火にかけ、ふたをして3分ほど焼いてひっくり返す。さらに3分ほど、両面に焼き色がついてやわらかくなるまで焼く。

  • 薬味じょうゆを作る。ねぎを縦半分に切ってからさらに斜め薄切りにしてボウルに入れ、しょうが、Aを加えて混ぜる。なすを器に盛り、薬味じょうゆをかけて万能ねぎをのせる。

POINT

ひやむぎにかけて食べるのもおすすめです。茹でて水でしめたひやむぎを器に盛り、なすと薬味じょうゆをかけ、万能ねぎを散らせばできあがり! 麺にからめながら食べてください。