牛肉のチーズ包み焼きバーニャカウダソース添え

ミラノで開催される食の博覧会にちなんでイタリアン!

チーズを肉や野菜などで包み焼きにするのは、イタリアではおなじみの調理方法。今回はモッツァレラチーズを牛肉で包み、揚げ焼きにします。牛肉とチーズ、バーニャカウダソースの濃厚な味わいに、仕上げにレモンを絞れば、さわやかな酸味がきいて軽い口当たりに。

材料(2人分)

牛ももすき焼き用肉
4枚
モッツァレラチーズ
1個
少々
黒こしょう
少々
薄力粉
適量
パン粉(細かいもの)※粗いパン粉は、手でもんで細かくするとよい。
適量
オリーブ油
大さじ3

A

溶き卵
1個
薄力粉
大さじ3
大さじ1

バーニャカウダソース

にんにく
4~5かけ
アンチョビ(みじん切り)
4~6枚分(約10g)
オリーブ油
大さじ2

つけ合わせ

ベビーリーフ
適量
レモン(くし形切り)
2切れ

作り方

  • バーニャカウダソースを作る。にんにくは皮つきのまま耐熱皿にのせてラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分ほど加熱する。薄皮をむいてざるにのせ、ゴムべらなどでつぶして小鍋に入れ、アンチョビ、オリーブ油を加えて温める。充分温まってアンチョビがほぐれてきたらOK。

  • モッツァレラチーズは4等分に切る。牛肉を広げて塩、黒こしょうをふり、薄力粉を軽くふる。牛肉1枚にモッツァレラチーズの1/4量をのせて手前からくるくると巻く(チーズの端が出ないよう肉で包むようにして)。混ぜ合わせたAにくぐらせ、パン粉をまぶしつける。

  • フライパンにオリーブ油を中火にかけ、2を並べて両面こんがり焼き目がつくまで焼いて皿に盛る。ベビーリーフ、レモン、バーニャカウダソースを添える。

POINT

残ったバーニャカウダソースはドレッシングにしましょう。バーニャカウダのドレッシング 作り方:バーニャカウダソース大さじ2に対して、レモン汁小さじ2くらいの割合で混ぜ、好みのサラダにかけましょう。レモンの酸味で爽やかなドレッシングに早変わり。