豚肉のハーブグリル

グリルで焼くと香ばしい! 適度に脂も落ちます

下味さえつけておけば、あとはグリルでこんがりと焼くだけ。アウトドアやホームパーティでのバーベキューにもぴったりのメニューです。にんにくの風味やタイムのほのかな香りが、肉のおいしさを引き出してくれるので、時間をかけてしっかり下味をつけるのがポイント。そのままでもおいしく食べられますが、サルサソースをかけるとひと味違う印象になるので、ぜひお試しを!

材料(4人分)

豚ロース肉(ソテー・とんかつ用)
4枚
A  にんにく(薄切り)
1かけ分
  タイム
5~6枝
  白ワイン
大さじ1
  オリーブオイル
大さじ1
  塩
小さじ2/3
  粗引き黒こしょう
小さじ1/3
●サルサソース
  トマト(小)
2個
  玉ねぎ
1/5個
  塩
小さじ1/2
  タバスコ®
小さじ1/2
  オリーブオイル
大さじ2
  チリパウダー(あれば)
少々
  粗引き黒こしょう(あれば)
少々
クレソン
2わ
チコリ
1/2個
マッシュルーム
4個
オリーブオイル、塩、ワインビネガー
各少々

作り方

  • 豚肉は筋を切り、全体をかるくたたいてバットに並べる。 Aを加え、もみ込むようにして混ぜ、20分以上おいて下味をつける。サルサソースを作る。トマトのへたを取って 1センチ角に切る。玉ねぎはみじん切りにしてざるに入れ、流水で洗って水気をしっかりきる。器に入れ、他のソースの材料を加えて混ぜ合わせる。

  • グリルを2分ほど予熱し、豚肉を並べ入れる。強めの中火で、様子を見ながら12分ほど焼く(上火だけの場合は、途中で上下を返し、両面こんがりとするまで焼く)。

  • つけあわせの準備をする。クレソンはざく切り、チコリは食べやすく切り、マッシュルームは薄切りにしてボウルに入れる。オリーブオイル、塩、ワインビネガーであえる。豚肉を食べやすく切って皿に盛り、つけあわせの野菜を添える。サルサソースをかけて食べる。好みで、粒マスタードをつけてもよい。

POINT

サルサソースは、タバスコ®の酸味と辛みがポイント。チリパウダー、粗引き黒こしょうなどのスパイスも加えると、より深みのある味になります。