う巻き

うなぎを巻いた卵焼き。お弁当にもぴったり。

う巻きは、見た目が美しく味もよいので、おもてなしの一品にもなります。ポイントは、かば焼きの温め方。酒をふってグリルでかるく焼くと、焼きたてのようにふっくらと柔らかく、そして香ばしくなります。

材料(2人分)

うなぎのかば焼き
1/2尾
4個
小さじ1
かば焼きのたれ
小さじ2
A だし汁
大さじ6
  しょうゆ
小さじ1
  砂糖
小さじ1
  塩
少々
サラダ油
少々
大根おろし
適量

作り方

  • アルミホイルにかば焼きの皮を下にしてのせ、酒をふって魚焼きグリルで1分ほど焼く。裏返して皮もサッと焼き、もう一度裏返してかば焼きのたれを薄く塗り、さらに1分ほど焼く。

  • ボウルに卵を溶きほぐし、Aを混ぜる。

  • 卵焼き器にサラダ油を塗って中火で熱し、卵液の1/3量を流し入れる。気泡を菜箸でつぶし、奥にうなぎのかば焼きをのせる。半熟状になったら、うなぎを手前に巻き込みながら卵を巻く。空いたところにペーパータオルでサラダ油を薄く塗り、巻いた卵を奥側に寄せる。この工程を、同様に2回繰り返す。熱いうちに巻きすで形をととのえ、粗熱がとれたら食べやすく切って皿に盛り、大根おろしを添える。

POINT

青じそを一緒に巻くと、香りがよく見た目の印象も変わります。卵液を流し入れたら、最初に青じその葉を広げて敷き、その上にかば焼きをのせて同様に焼きます。