オイルサーディンポテト

節分にはいわし! 洋風アレンジでおいしく

節分の行事というと、豆まきがおなじみですが、いわしの頭などを戸口に刺して厄除けにするという習慣も、古くから伝えられています。そこで、節分にちなんで、手軽に使えるいわしの缶詰、オイルサーディンを使った料理をご紹介します。相性のよいにんにくと一緒に炒めて、カリカリのハッシュドポテトにのせて食べます。仕上げのレモン汁もポイント。さっぱりと風味よく食べられます。

材料(2人分)

オイルサーディン
1缶(100g)
じゃがいも
3個(約300g)
にんにく
1かけ
万能ねぎ
3~4本
赤唐辛子の小口切り
小さじ1
バター
大さじ2
少々
粗引き黒こしょう
少々
レモン汁
大さじ1

作り方

  • じゃがいもは皮をむいて薄切りにし、さらに幅4~5ミリくらいの細切りにする(この時、水にはさらさない)。にんにくはみじん切り、万能ねぎは小口切りにする。

  • フライパンにバター大さじ1を入れ、弱めの中火で溶かして、じゃがいもの1/2量を入れる。フライパン全体に広げ、へらで押し付けながらじっくり焼きつける。じゃがいも同士がくっついて、こんがりと焼き色がついたらひっくり返し、裏面も同様に焼きつける。残りも同様に焼いて皿に盛る。

  • フライパンを弱火にかけ、オイルサーディンを缶の中の油ごと入れて、にんにく、赤唐辛子を加える。木べらでオイルサーディンを細かくほぐしながら、焦がさないようにじっくり炒める。万能ねぎを加えて炒め、塩、粗引き黒こしょうをふる。レモン汁をふって混ぜ合わせ、火を止める。皿に盛ったポテトにオイルサーディンをのせ、一緒に食べる。

POINT

炒めたオイルサーディンは、パスタとも相性抜群です。サーディンにオリーブオイルを少し足して、スパゲティにからまりやすくするのがコツ。塩、こしょうを少々ふって味をととのえましょう。