エスニック手羽揚げ

皮がパリパリ! 下味がしっかりついています

手羽先をじっくり揚げると、先まで皮がパリッと香ばしくなるので、もも肉のから揚げとは全く違ったおいしさ。にんにく、しょうがを下味にきかせているので、それだけでも十分おいしく食べられますが、スイートチリをつけると、さらにエスニック風の味わいになります。手で持って豪快にかぶりつきたいメニューです

材料(4人分)

手羽先
8本
にんにく
1かけ
しょうが
1かけ
しょうゆ
大さじ2
大さじ3
片栗粉
適量
スイートチリ
適量
ナンプラー
適量
香菜(あれば)
少々

作り方

  • にんにく、しょうがはみじん切りにする。手羽先は、皮を下にしてまな板におき、真ん中の骨と骨の間のところに、包丁の先で切り込みを入れておく。こうすると火が通りやすくなり、食べるときに肉離れもよくなる。ポリ袋に手羽先を入れ、にんにく、しょうが、しょうゆ、酒を混ぜて加え、口をとじてよくもみこむ。

  • 手羽先の汁気をきり、片栗粉をまぶす。肉の切り込みにも粉をつける。粉がつきすぎていると、ぽってりと油っぽくなるので、最後に余分な粉をはたきおとす。

  • 揚げ油を中温に熱し、手羽先を入れて揚げる。ときどき上下を返しながら、揚げ油の泡が少し細かくなり、鶏肉がカリッとしてくるまで揚げてから取り出して、油をきる。皿に盛り、香菜をのせる。好みでスイートチリかナンプラーをつけて。

POINT

手羽先はかさばってボウルでは下味をからめにくいので、ポリ袋を使うとよいでしょう。ポリ袋に下味の材料を入れて口をとじ、両手で袋ごともむと、全体に味がよくなじみます。そのまま5分くらいおくと、味がしっかりつきます。