小あじの南蛮漬け

骨まで柔らかく食べられます!

揚げものだけれど、さっぱりと食べられる南蛮漬けは、夏に向けて必ず食べたくなる定番メニュー。小あじなら、おろす手間が少ないうえに、頭から柔らかく食べられるので、カルシウム補給にもぴったりです。南蛮酢につけたら、ときどき上下を返して30分以上はおきましょう。できれば1晩おくと、味がよくしみこみ、ほろりとくずれそうなほど柔らかくなります。

材料(4人分)

小あじ(豆あじ)
500g
玉ねぎ
1/2個
にんじん
1/2本
赤唐辛子
2本
塩、こしょう
各少々
南蛮酢
  すし酢
1/2カップ
  めんつゆ
120ml
  水
1カップ
片栗粉
適量
揚げ油
適量

作り方

  • 玉ねぎは縦薄切りにする。にんじんは皮をむき、5~6センチ長さのせん切りにする。赤唐辛子は種を取って小口切りにする。小あじはキッチンはさみなどでえらの下に三角に切り込みを入れ、内臓とえら(ギザギザしている部分)を取り除く。水できれいに洗い、水気を拭く。

  • 小あじの両面に、かるく塩、こしょうをふる。揚げ油を中温に熱し、小あじに片栗粉をまぶして入れる。

  • バットに南蛮酢の材料と赤唐辛子を入れて混ぜ合わせる。小あじが揚げ上がったら取り出し、南蛮酢に漬け、玉ねぎ、にんじんも一緒によくからめ、ラップをかけて30分以上(できれば半日~1日)おく。

POINT

骨まで食べられるように揚げるには、ゆっくりじっくり揚げること。あじを入れると一度温度が下がるので、火加減を調整しながら、温度が下がりすぎないようにして、中温のまま5~6分揚げる。揚げ上がりの頃になると、油の泡が白くこまかくなって、あじがカラリとしてくる。