ワイン

マルケス・デ・リスカル(Marques de Riscal)

ティント・グラン・レセルバ

Tinto Gran Reserva

樹齢30年以上の畑のぶどうを使用。アメリカン・オーク樽で樽熟成、さらに瓶内にて熟成。甘草とラズベリーの香りが調和し、ほのかにオーク香が感じられます。

  • facebook
  • twitter
  • line

このワインの詳細

ワインのタイプ
赤  フルボディ   
格付け
DOC リオハ
合う料理
肉料理、チーズ
参考小売価格(税抜き)
¥7,900
スペイン 
ぶどう品種
テンプラニーリョ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種、グラシアノ種
飲み頃温度
16〜18℃
容量
750ml

受賞歴 / 生産者・生産地情報

生産者・生産地情報(マルケス・デ・リスカル)

マルケス・デ・リスカル
リオハ地方は、土壌、気候がワイン生産に適した地域として世界的に有名です。マルケス・デ・リスカル社は、1858年にリスカル侯爵によって、設立されました。侯爵はフランス産のぶどうの木を移植し、伝統的なリオハのワイン製造法も、フランスの製造法に改革しました。
1868年にフランス人技術者ジャン・ピノーを技術チームに招き入れて以来、リスカル社の赤ワインは、その品質の高さゆえ、広く市場に知られるようになり、1876年にはブリュッセル展示会で金メダル、1929年にはバルセロナ国際展示会でグランプリ賞と数えきれないほどの賞を獲得しています。
マルケス・デ・リスカル社のセラーには、時のスペイン国王が選んだ国王専用のワインが常に保管されております。
また、アメリカでもっとも影響力のあるワイン専門誌の一つ「ワイン・エンスージアスト」の “ワインスターアワード”において、2013年、その年に最も優れた成果をあげ、ワイン業界へ貢献したワイナリーとして“ヨーロピアン・ワイナリーオブ・ザ・イヤー”を受賞しています。

このお酒をもっと楽しもう!

マルケス・デ・リスカル

1858年創立、スペイン王室ご用達ワイナリー

プレミアムワインの銘醸地、リオハと共に歩んだ160年の軌跡。名実ともにスペインワインを牽引する、正真正銘のスペイン・ロイヤルワインです。