繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

フランスワイン「ドメーヌ・デュ・タリケ」、販売目標を上方修正

サッポロビールは、今年 4 月 10 日に発売したフランスワイン「ドメーヌ・デュ・タリケ」の年間販売計画数を、 2,000 ケースから当初の 5 倍にあたる 1 万ケース (750ml × 6 本換算、ブランド計 ) に上方修正すると発表した。

「ドメーヌ・デュ・タリケ」は、 5 アイテムすべて白ワインで発売している。手に取りやすい価格帯でありながらそれぞれの個性が際立っており、牡蠣をはじめとしたシーフードとの相性が抜群。近年、フランスの新興ワイン生産地として注目が高まっているガスコーニュ地方のワインで、モザイクのように多彩で入り組んだ土壌から個性豊かなワインを産み出している。しっかりとしたミネラル分を感じさせる味わいが特長。

同社では、発売以来、フランスワインは飲みたいが手に取りにくいという人に向け、家庭で気軽にシーフード料理と合せて楽しんでもらえるよう、店頭でタリケに合う料理のレシピを紹介するなどの販促活動に取り組んできた。特に、フレッシュでフルーティーなやや辛口の白ワイン「タリケ クラシック」を中心として、「手軽に楽しめて、シーフードとも合う本格辛口フランスワイン」というコンセプトが受け入れられ、販売好調につながったという。

同社は、今秋以降も牡蠣などのシーフードとの相性訴求を継続し、タリケワインと食とのマリアージュを楽しむシーンを創出していきたいとしている。また、これからも様々な国のワインを幅広く提案することで、ワイン市場のさらなる需要拡大を目指す。

記事配信/外食ドットビズ(2018/08/21)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら
TOPへ