繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

フジオフードシステム、上半期(1月~6月)の連結業績を発表

フジオフードシステムは、平成 30 年 12 月期 第 2 四半期 ( 平成 30 年 1 月~ 6 月 ) の連結業績を発表。売上高 175 億 1700 万円 ( 対前年同期比 0.2 %減 ) 、営業利益 11 億 7700 万円 ( 同 0.9 %増 ) 、経常利益 11 億 6300 万円 ( 同 2.0 %増 ) 、親会社株主に帰属する四半期純利益 5 億 9600 万円 ( 同 5.3 %減 ) であった。

同社グループは、「大衆というカテゴリーで日本一の外食企業となる」という確固たる目標のもと、既存店事業の全体的な底上げのために、 QSC 向上のための店舗指導及び従業員研修、効果的な販売促進活動の強化に注力し、「まいどおおきに食堂」を中心として「神楽食堂 串家物語」、「手作り居酒屋 かっぽうぎ」、「つるまる」をはじめとする全ブランドの業績向上に全社一丸となって取り組んだ。グループの店舗数は、 833 店舗 ( 直営店・国内 477 店舗、直営店・海外6店舗、 FC 店・国内 348 店舗、 FC 店・海外2店舗 ) 。ブランド別の店舗数は、「まいどおおきに食堂」 422 店舗、「神楽食堂 串家物語」 113 店舗、「手作り居酒屋 かっぽうぎ」 44 店舗、「つるまる」 57 店舗、その他 197 店舗となった。

セグメント別業績は、直営事業が売上高 165 億 9500 万円 ( 前年同期比 0.6 %減 ) 、セグメント利益 17 億 2200 万円 ( 同 5.0 %減 ) 、 FC 事業が売上高 9 億 2100 万円 ( 同 7.5 %増 ) 、セグメント利益 6 億 3100 万円 ( 同 10.0 %増 ) となった。

なお、平成 30 年 12 月期 通期 ( 平成 30 年 1 月~ 12 月 ) の連結業績予想は、売上高 379 億 4000 万円 ( 対前年比 5.6 %増 ) 、営業利益 29 億 5000 万円 ( 同 13.2 %増 ) 、経常利益 28 億 6000 万円 ( 同 13.8 %増 ) 、親会社株主に帰属する当期純利益 15 億 5000 万円 ( 同 10.4 %増 ) を見込む。

記事配信/外食ドットビズ(2018/08/16)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら
TOPへ