北京ダック風 鶏の甜麺醤照り焼き

パーティが華やかに!

北京ダックは、じっくり香ばしく焼いたパリパリのアヒルの皮を、濃厚で甘辛いタレと一緒に、生地で包んで食べる中国料理。今回は、鶏肉とサンドイッチ用のパンを使って、家庭でも手軽に楽しめるアレンジレシピをご紹介します。

材料(2~3人分)

鶏もも肉
2枚
きゅうり
1本
ねぎ
1/2本
サンドイッチ用食パン(みみを落としたもの)
適量
サラダ油
小さじ1
甜麺醤
適量

A

甜麺醤
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
みりん
大さじ1
はちみつ
大さじ1
砂糖
小さじ1

作り方

  • きゅうり、ねぎはそれぞれ長さ5~6センチの細切りにする。鶏肉は筋を切り、厚みのある部分に包丁を寝かせるようにして切り込みを入れ、厚みが均一になるように切り開く。

  • フライパンにサラダ油を入れて鶏肉の皮を下にして並べ、中火にかける。ときどきフライ返しで押し付けるようにしながら5分ほど焼く。

  • 上下を返してさらに3分ほど焼き、出てきた脂をペーパータオルなどで吸い取る。Aを混ぜ合わせて加え、全体にからめる。

  • サンドイッチ用食パンは10センチ四方くらいになるようめん棒などで薄くのばす(大きい場合は食べやすいサイズに切る)。3の鶏肉を幅8ミリくらいに切り、きゅうり、ねぎとともに器に盛る。食パンにのせて甜麺醤をかけ、巻いて食べる。

POINT

食パン以外に、餃子や春巻きの皮でも作れます。どちらも薄く油をひいたフライパンに並べ、水少々をふってやわらかくしながら火を通しましょう。