ぶりの照焼き

グリルで焼くから、こんがり香ばしい

脂ののったぶりは、照焼きのようなこっくりした味つけがよく合います。フライパンで作る方法もありますが、今回はグリルで焼くレシピをご紹介します。最初に下味をからめてから焼くので、味がしっかりつきますし、何より香ばしい焦げ目が食欲をそそります。

材料(4人分)

ぶりの切り身
2切れ
れんこん
200g
ねぎ
1本
少々
こしょう
少々
A しょうゆ
大さじ2
  酒
大さじ2
  みりん
大さじ2
  砂糖
大さじ1
サラダ油
大さじ1
しょうがの甘酢漬け(市販品/つけ合わせ)
適量

作り方

  • ぶりは塩、こしょうをふって10分ほどおき、水気を拭き取る。ジッパー付きのポリ袋などに入れ、Aの材料を混ぜて加えて口を閉め、15分ほどおく。

  • れんこんは皮をむいて幅7~8ミリの輪切りにし、水に3~5分さらす。ねぎは幅1センチの斜め切りにする。

  • 魚焼きグリルに、ぶりの切り身をのせて両面こんがりと焼く。途中で、空いているところにねぎをのせ、一緒に焼く。フライパンにサラダ油を中火で熱し、れんこんを炒める。すき通ってきたら、ぶりの漬け汁を加えてサッとからめる。ぶりを器に盛り、ねぎ、れんこん、しょうがの甘酢漬けを添える。

POINT

照り焼きを、温かいご飯にのせてお茶漬けにするのもおすすめ。おろしわさび、きざみのりをたっぷりのせて、温かいだし汁をかけます。ぶりのうまみと、だし汁がよく合って、さらさらっと食べられるおいしさです。