黒のジャージャー麺

ごまの香りたっぷりの、真っ黒肉みそ

9月6日は、9(く)と6(ろく)の語呂合わせで「黒の日」。そこで、ジャージャー麺を、「黒」のイメージにアレンジしました。テンメンジャンで味つけしたピリ辛肉みそに、黒すりごまと黒練りごまをプラスして、香りが良く、濃厚な味わいです。

材料(4人分)

合びき肉
300g
にんにく(みじん切り)
大さじ1
しょうが(みじん切り)
大さじ1
ごま油
大さじ1
A 酒(あれば紹興酒)
大さじ2
  テンメンジャン
大さじ3
  豆板醤
小さじ1~2
  鶏ガラスープの素
小さじ1
黒練りごま
大さじ2
黒すりごま
大さじ2
ナンプラー(またはしょうゆ)
少々
こしょう
少々
ねぎ
1/2本
きゅうり
1本
香草(あれば)
少々
中華生麺
4玉

作り方

  • ねぎは、長さ5センチ分を白髪ねぎにし、冷水にさらしてシャキッとさせ、ざるに上げて水気をきる。残りはみじん切りにする。きゅうりは長さ5センチの細切りにする。フライパンにごま油を中火で熱し、にんにく、しょうがを炒める。香りが立ったらひき肉を入れ、ほぐしながら炒める。

  • 肉の色が変わったらAを混ぜて加え、水1カップを加える。強めの中火で7~8分煮詰めて、黒練りごま、黒すりごま、ナンプラー、こしょう、みじん切りのねぎを加えて混ぜる。

  • たっぷりの湯を沸かし、袋の表示を目安に中華麺をゆでる。ざるにとって流水ですすぎ、さらに冷水にとって、麺をひきしめるようにもみながらすすぎ、ざるに上げて水気をしっかりきる。器に盛り、2の肉みそをかけ、白髪ねぎ、きゅうり、香菜を添える。仕上げに粉唐辛子(または一味唐辛子)をふってもおいしい。

POINT

肉みそはパンにもよく合います。トーストした食パンに切り込みを入れて、中に詰めるようにすれば、肉みそをこぼさず食べられます。一緒に、サラダ菜など野菜をはさんでも。