ポークソテーのデミグラスソース

レストランの味がおうちで味わえる!

バレンタインに、ちょっと豪華な洋食メニューはいかがですか? ポークソテーにデミグラスソースをかければ、食べ応えがあって、赤ワインにもよく合う一品のでき上がり。デミグラスソースは、長時間煮込まないと作れませんが、今回のレシピでは、ウスターソースやケチャップなどを加えて、短時間でもコクとうまみが出るように工夫しました。つけ合わせには、ホクホクと粉ふきにしたじゃがいもを添えましょう。

材料(2人分)

豚ロースソテー用肉
2枚
玉ねぎ
1個
しめじ
1パック
グリーンアスパラガス
4本
じゃがいも
2個
バター
10グラム
赤ワイン
1と1/4カップ
A 固形スープの素
1個
  中濃ソース
大さじ3
  ケチャップ
大さじ2
  生クリーム
大さじ2
  塩
少々
  こしょう
少々
塩、こしょう
各適宜
片栗粉
小さじ2
顆粒スープの素
小さじ1/2

作り方

  • 玉ねぎは2センチ四方くらいに切る。しめじは根元を切り落とし、小房に分ける。フライパンにバターを強火で溶かし、玉ねぎ、しめじを加えて炒める。玉ねぎが薄く色づいたら赤ワインを加え、煮立ったら2~3分煮詰めてアルコール分をとばす。Aを入れて混ぜ、ひと煮立ちしたら、片栗粉を同量の水で溶いて加え、とろみをつけて火を止める。

  • じゃがいもは皮をむいて鍋に入れ、たっぷりの水を加えて中火にかける。竹串がスーッと通るくらいまで柔らかくゆでて取り出し、大きめの一口大に切る。アスパラガスは根元の皮をピーラーでむき、長さ3~4センチに切る。熱湯でゆでてざるに上げ、水気をきる。じゃがいもが熱いうちにボウルに入れ、アスパラガス、塩・こしょう各少々、顆粒スープの素を加えてあえる。

  • 豚肉に塩、こしょう各少々をふり、筋に包丁で切り込みを入れる。フライパンを強火で熱し、豚肉を入れる。焼いているうちに豚肉から油が出てくるので、サラダ油は入れなくてよい。両面にこんがりと焼き色がついたら、ふたをして、弱火で5分ほど焼く。竹串を刺してみて、赤い肉汁が出てこなければ焼き上がり。皿に盛って1のデミグラスソースをかけ、じゃがいもとアスパラガスを添える。

POINT

より手軽に作りたいときは、市販のデミグラスソース缶を使ってもよいでしょう。玉ねぎとしめじを炒め、赤ワインを加えて煮立たせたあとに加えます。ウスターソースや生クリームを加えなくても簡単にコクが出て、味が簡単に決まります。