ワイン

マトゥア(MATUA)

リージョナル ピノ・ノワール・ロゼ・マルボロ

Regional Pinot Noir Rose Marlbourough

果実味たっぷりで爽やかな味わい。夏にぴったりのワイン。野イチゴやネクタリン、レッド・カラント、クランベリー、そしてピーチのような様々な芳醇な果実の香り、そしてクリスプできりっとしたフィニッシュのワインです。ぶどうを丁寧に圧搾し、果汁を様々な酵母で発酵させ、発酵後にブレンドを施します。一部はテキスチャーと複雑味を与えるために澱への浸漬を短時間行います。

価格はすべて参考小売価格(消費税抜き)です。 参考小売価格は販売店の自主的な価格設定を拘束しません。

  • facebook
  • twitter
  • line

このワインの詳細

ワインのタイプ
ロゼ  やや辛口   
合う料理
マンゴーのサラダ、白身魚のグリル
参考小売価格(税抜き)
¥2,000
容器
スクリューキャップ品
ニュージーランド 
ぶどう品種
ピノ・ノワール種
飲み頃温度
7〜9℃
容量
750ml

受賞歴 / 生産者・生産地情報

生産者・生産地情報(マトゥア)

マトゥア
ニュージーランドを代表する品種ソーヴィ二ヨン・ブランをニュージーランドで初めて生産したワイナリー。MATUAはマオリ語で‘総本家’。ニュージーランドソーヴィニョン・ブランのパイオニアとして知られるMATUA創設者、ビルとロス・スペンスが1969年にニュージーランド初のソーヴィニヨン・ブランを植林したのが始まりです。目的は最も優れたブドウ畑から最高のフルーツをつくることであり、それはニュージーランドのワイン界の革命でもありました。今日、このワイナリーの挑戦によりニュージーランドは、世界的にフレッシュでバランスのとれたソーヴィニヨン・ブランの産地として有名になりました。