繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

2月の百貨店売上高は、前年同月比+0.4%と4ヶ月ぶりのプラスに

日本百貨店協会は、調査対象百貨店 79 社・ 217 店の平成 31 年 2 月度の全国百貨店売上高が 4220 億 3304 万円で店舗調整後対前年比 0.4 %増と 4 ヶ月ぶりに前年を上回ったと発表した。

2 月は、株価や為替が安定したことで、前月苦戦した高額商材が好転した他、春節商戦を中心にインバウンドも活況を取り戻し、バレンタインなどの季節催事も集客と売上に寄与した。

顧客別では、国内市場 ( シェア 92.4 % ) は 0.6 %減と僅かに前年割れしたが、インバウンド ( シェア 7.6 % ) は過去最高の 319 億円 (14.8 %増 ) を記録し、客単価も 8 ヶ月ぶりにプラス回復した。

地区別では、 10 都市が 0.7 %増と 3 ヶ月ぶりにプラス。大阪 (4.0 %増 ) や名古屋 (3.7 %増 ) など、 5 都市 ( 札幌、仙台、名古屋、京都、大阪 ) でプラスした。地方 (10 都市以外の地区 ) は 0.5 %減 (22 ヶ月連続 ) とマイナスではあるが、 5 地区 ( 北海道、東北、近畿、四国、九州 ) で前年をクリアしたことで、前月よりも 2 ポイント減少幅を縮め、ほぼ前年並みの水準に迫ってきた。

商品別では、国内外顧客ともに好調な化粧品 (9.8 %増 ) と高額品 ( 美・宝・貴 /2.7 %増 ) 、ラグジュアリーブランドなどが牽引し、雑貨 (5.1 %増 ) と身のまわり品 (1.3 %増 ) がプラス転換した。衣料品 (1.1 %減 ) は前年実績を若干下回ったが、月後半の気温上昇により春物商材が動きを見せ、主力の婦人服・洋品 (0.4 %増 ) に限れば 4 ヶ月ぶりにプラスした。食料品 (0.9 %減 ) は生鮮食品、惣菜の不振で 4 ヶ月連続マイナスだが、菓子 (0.7 %増 ) とその他食料品 (0.2 %増 ) は前年をクリア。特に、毎年盛り上がりを見せるバレンタイン商戦は、贈答から自家需要を含め、幅広い世代が楽しめるイベントへと市場拡大している。

2 月度の商品別売上高は、食料品が 1235 億 7868 万円 ( 店舗調整後・前年増減率 0.9 %減 ) 、食堂喫茶 107 億 7308 万円 ( 同 1.5 %減 ) 、衣料品 1149 億 2313 万円 ( 同 1.1 %減 ) 、身のまわり品 551 億 5305 万円 ( 同 1.3 %増 ) 、雑貨 870 億 5887 万円 ( 同 5.1 %増 ) 、家庭用品 173 億 1172 万円 ( 同 1.7 %減 ) 、サービス 45 億 6736 万円 ( 同 1.7 %増 ) 、その他 86 億 6714 万円 ( 同 7.6 %減 ) 、商品券 67 億 7848 万円 ( 同 8.0 %減 ) だった。

記事配信/外食ドットビズ(2019/03/25)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら