骨つき鶏もも肉の赤ワイン煮

簡単なのにごちそう感!

骨つきのもも肉を使うと、見た目もおいしさもワンランクアップ! おもてなしにぴったりの一品になります。余分な脂を取りながら鶏肉の皮を焼くと、皮の食感がよくなり、香ばしく仕上がります。クリーミーなじゃがいものピュレを添えて召し上がれ!

材料(2人分)

骨つき鶏もも肉
2本(約500g)
適宜
オリーブ油
大さじ1
にんにく(皮つきのまま)
3かけ

A

赤ワイン
1/2カップ
1/2カップ
ローリエ
1枚
ケチャップ
小さじ1

付け合わせ

クレソン
適量
 じゃがいものピュレ
  じゃがいも
1個
  バター
10g
  牛乳
1/2カップ
  塩
適量

作り方

  • 鶏肉は関節のところに包丁の刃を入れ、2つに切り離す。全体に塩小さじ1/2をもみ込む。

  • フライパンにオリーブ油を中火で熱し、鶏肉の皮を下にして並べる。にんにくも皮つきのまま加えて一緒に焼く。8分ほどしたら上下を返し、さらに3分ほど焼く。途中脂が出てきたらペーパータオルで吸い取る。

  • Aを加えて混ぜ、ふたをして弱めの中火で10分ほど煮て鶏肉を取り出す。

  • にんにくをざるに取り、ゴムベラでつぶしながらこしてフライパンに戻し入れる。再び中火にかけ、混ぜながらとろみがつくまで煮詰め、味をみて塩少々を加えてソースを作る。皿にソースを敷いて鶏肉をのせ、クレソン、じゃがいものピュレ(作り方はPOINT参照)を添える。

POINT

じゃがいものピュレの作り方:①じゃがいもは洗って皮つきのままラップで包み、電子レンジ(600W)で3分加熱する。耐熱のボウルにざるを重ね、じゃがいもを入れてゴムべらでつぶして裏ごしする。ざるに残った皮は取り除く。②バターを加えて混ぜ、全体になじんだら牛乳を加え、なめらかになるまで混ぜ合わせる。ラップをかけて電子レンジで2分加熱する。