うな丼

市販のかば焼きをおいしく食べるテクをご紹介!

うなぎのかば焼きを温めるときは、酒をふるのがポイント。風味がよくなり、ふっくら柔らかに!両面をもう一度焼いてたれをつけると、ぐんとおいしくなります。ビタミン豊富なうなぎを食べて、冬を元気に過ごしましょう。

材料(2人分)

うなぎのかば焼き
1尾分
大さじ1と1/2
万能ねぎ
2本
三つ葉
1/4わ
おろしわさび
適量
温かいご飯
茶碗2杯分
うなぎのたれ(添付のもの)
適量

作り方

  • うなぎは長さを半分に切り、アルミホイルにのせて酒をふる。魚焼き用グリルを予熱しておく。万能ねぎは小口切り、三つ葉はざく切りにする。

  • うなぎをグリルに入れて1分ほど焼き、裏返してさらに1分ほど焼く。もう一度上下を返してうなぎのたれを薄くぬり、さらに1分ほど焼く(焦げそうなら、アルミホイルをかぶせて)。

  • 器にご飯を盛り、うなぎのたれをサッとかける。焼いたうなぎをのせ、万能ねぎ、三つ葉をのせておろしわさびを添える。

POINT

うなぎのたれにコチュジャンを加えて韓国風にアレンジしてもいいでしょう。調理の仕方は基本のうな丼と同じです。韓国風たれ:うなぎのたれ大さじ1、コチュジャン小さじ1/2、白いりごま小さじ1/2、ごま油少々