広島風お好み焼き

焼きそば入りで食べ応え満点!

目の前でつくって、アツアツを食べるおいしさは、ホットプレートならではのお楽しみ。広島風は、具を生地に混ぜずに重ねていくのが特徴。キャベツ、豚肉、焼きそば、目玉焼き…。どんどん重ねてジュージュー焼きましょう!

材料(2枚分)

豚ロース薄切り肉
250g
キャベツ(小)
1/2個
2個
揚げ玉
適量
焼きそば麺
1~2玉
サラダ油
適量
●生地
  卵
1個
  小麦粉
大さじ5
  水
70ml
A 中濃ソース
小さじ1
  オイスターソース
小さじ1
中濃ソース
適量
マヨネーズ
適量
青のり
適量
削り節
適量

作り方

  • 生地の材料を混ぜる。キャベツはせん切りにする。ホットプレートを温め、サラダ油をしいたら、生地の1/2量を薄く広げて焼き、キャベツの1/2量をのせる。揚げ玉をのせ、豚肉の1/2量を広げてのせる。ひっくり返して端に寄せる。

  • 空いたところにサラダ油をたし、焼きそば麺の1/2量を炒める。水少々を加えて柔らかく蒸し炒めにしたら、Aの1/2量を加えて味つけする。端に寄せたお好み焼きを、麺の上にのせる。

  • 卵を割り入れ、黄身をつぶし、ヘラで少し広げる。卵が固まらないうちに、お好み焼きを卵の上にのせる。へらで少し押さえて、こんがり焼き色がついたら出来上がり。ひっくり返して皿に盛り、中濃ソース、マヨネーズをかけ、青のり、削り節をのせる。残りも同様に焼く。

POINT

お好み焼きの具材、キャベツと焼きそばにご飯をプラスして、そばめしを作ってもいいですね。そばめしのつくり方:豚薄切り肉100gを炒めて、細かくきざんだ焼きそば麺(1玉)とご飯(茶碗1杯分)を加えて炒め合わせ、塩・こしょう各少々、中濃ソース大さじ3、オイスターソース大さじ1、万能ねぎの小口切り少々、削り節少々を加えて炒め合わせればでき上がり。