八宝菜

これ一皿で、ボリュームも栄養もたっぷり!

中華風の五目うま煮。肉と魚介のうまみが入ったスープにとろみをつけて、全体にからませるから、野菜もおいしく食べられます。具の種類や数に決まりはありませんが、歯応えの良いたけのこやきくらげはおすすめ。この季節、甘みのある白菜もたっぷり入れましょう。

材料(2人分)

豚小間切れ肉
150g
むきえび
100g
きくらげ(乾燥)
5g
白菜
1/6~1/4個
たけのこ
100g
にんじん
1/2本
きぬさや
10個
にんにく
1かけ
しょうが
1かけ
うずらの卵(水煮)
6個 
水溶き片栗粉
  片栗粉
大さじ1と1/2
  水
大さじ1と1/2
小さじ1/3
こしょう
少々
ごま油
大さじ1
鶏ガラスープの素
小さじ1と1/2
オイスターソース
大さじ1/2
適量

作り方

  • きくらげは水で戻して食べやすく切る。白菜はざく切りにし、たけのこは細切りにする。にんじんも皮をむいて長さ3センチくらいの短冊切りにする。きぬさやは筋を取る。にんにく、しょうがはみじん切りにし、むきえびは背わたがあれば取る。鶏ガラスープの素を湯1と1/2カップで溶いておく。

  • フライパンにごま油を中火で熱し、にんにく、しょうがを炒める。香りが出てきたら豚肉を加え、ほぐしながら炒める。

  • 切った野菜ときくらげを加え、全体に油がよくなじんだら、鶏ガラスープを加える。むきえび、うずらの卵を加え、塩、こしょう、オイスターソースを加えて混ぜ合わせる。水溶き片栗粉をよく混ぜて加え、とろみをつける。器に盛り、好みで酢をかけて食べる。

POINT

八宝菜が残ったら、鶏ガラスープでのばし、ラーメンにすると良いでしょう。ゆでた中華麺にかければ、具だくさん八宝菜ラーメンのでき上がり!