枝豆入りアドボ

エスニック風の鶏肉の煮もの。ゆで卵も入れて

アドボは、フィリピン料理のひとつ。しょうゆ、酢を使った煮もので、ローリエなどのハーブを入れるのが特徴です。甘酸っぱく、ほのかにスパイスの香りがただようので、和風の煮ものとは違ったおいしさがあります。ゆで卵を一緒に入れて煮るのがおすすめです。鶏肉のかわりに、豚肉でも作れます。酢を黒酢にかえたり、バルサミコ酢を少し加えるとコクが出ておいしくなります。

材料(4人分)

鶏もも肉
500g
4個
枝豆(さやつきで)
150g
いんげん
10枝
にんにく
1かけ
コリアンダー
10枝
サラダ油
大さじ1
鶏ガラスープの素
小さじ2
1/2カップ
しょうゆ
大さじ5
ローリエ
2枚

作り方

  • 卵を鍋に入れ、たっぷりの水を入れて火にかける。沸騰したら中火にし、6分ほどゆでて水にとり、殻をむく。枝豆は熱湯でゆでてさやから取り出し、できれば薄皮をむく。いんげんはへたを切る。にんにくはみじん切り、コリアンダーはざく切りにする。鶏肉は大きめの一口大に切る。鶏ガラスープの素を水1リットルで溶かしてスープにする。

  • フライパンにサラダ油を中火で熱し、にんにくを炒める。香りが出たら鶏肉を加えて炒める。鶏肉全体に焼き色がついたら、スープを加える。枝豆、いんげんを加え、酢、しょうゆを加えて煮る。

  • いんげんが柔らかくなったら、コリアンダー、ゆで卵を加え、煮汁が1/3量くらいになるまで、ふたをしないで煮る。

POINT

小どんぶり風にして食べるのもおいしい。甘酸っぱい煮汁がご飯とよく合うので、煮汁ごとたっぷりかけましょう。