ピータン豆腐

冷ややっこ 脱マンネリ!あとをひくおいしさです

香味野菜やピータン、ハム、たっぷりの具をのせて食べる中国風冷ややっこ。まるごとの豆腐を皿に盛り、取り分けるスタイルにすると、おもてなしにも向く、お洒落な前菜になります。仕上げにかけるのは、ごま油入りのポン酢しょうゆ。さっぱりと、されど、コクと風味のある味わいです。

材料(2~3人分)

絹ごし豆腐
1丁(400g)
ピータン
1個
ロースハム
3枚
みょうが
2個
ねぎ
1/3本
ポン酢しょうゆ
大さじ3
ごま油
小さじ1と1/2

作り方

  • 豆腐はざるや網などにのせ、ペーパータオルをのせて5~10分おき、水気をかるくきる。そのままを使うよりも、水きりをしたほうが、水っぽくなく、豆腐の味がしっかり感じられる。

  • ピータンは殻をむき、粗くきざむ。ハム、みょうが、ねぎも粗みじんに切る。

  • ボウルにピータン、ハム、みょうが、ねぎを入れ、よく混ぜ合わせる。豆腐を皿に盛り、混ぜたピータンを上にのせる。ポン酢しょうゆにごま油を入れて混ぜて豆腐にかけ、取り分けて食べる。

POINT

ピータンは、あひるの卵に食塩や石灰石、草木灰などを混ぜたものを塗り、もみ殻をまぶし付け、かめに貯蔵して作られるもので、中国料理では前菜などによく使われる卵加工品です。卵白は黒いゼリー状で、卵黄は柔らかく固まっています。見た目は独特ですが、においや味は強くなく、そのまま食べてもよし、ねぎなどの香味野菜とあえたり、おかゆにのせたりするのもおすすめです。食感と風味の面白さを楽しみましょう。