シャトー・セント・ジーン(Chateau St.Jean)

シャトー・セント・ジーンChateau St.Jean

最良のソノマであるシャトー・セント・ジーンは、「ワインスペクテーター」で誌で“ワイン・オブ・ザ・イヤー”を得た初めてのソノマワインです。ソノマで最初に単一畑で栽培したブドウを使用したワインを作ったワイナリーとして知られています。ブルゴーニュ地方と同等の味わいのシャルドネが収穫されるとして名高いソノマ・コーストAVAで、最上のシャルドネを製造することに最も力を注いでおり、特に「サンク・セパージュ」は、シャトー・セント・ジーンを象徴するワインです。
シャトーは1920年に、アーネスト・ゴフとモード・ゴフと彼らの子供たちの夏の住まいとして造られました。今250エーカーになる土地には、最初に白葡萄が植えられ、禁酒法時代には、プルーンとナッツを育てていました。1973年にワイナリー「シャトー・セント・ジーン」として創業したとき、シャトーはゴフ遺産として遺すこととなり、その後は歴史的建造物となりました。 「シャトー・セント・ジーン」の名前は、創業者のひとりエドワード・メゾイアン氏の妻ジーンの名前に由来しています。

受賞歴

「ソノマ・サンク・セパージュ・カベルネ・ソーヴィニヨン1996

  • ワイン・オブ・ザ・イヤー1999 受賞 ワインスペクテイター誌
  • ソノマで初めてワインスペクター誌のワイン・オブ・ザ・イヤーに選出

ソノマ・サンク・セパージュ・カベルネ・ソーヴィニヨン1999

  • ワイン・オブ・ザ・イヤー2002 第2位&95ポイント獲得 ワインスペクテイター誌
  • 年間TOP100での95ポイントはアメリカワイン最高点

ワインメーカーのマルゴー・ヴァン・スターヴェラン

  • ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー2008 ワインエンスージアスト誌

ワインメーカー

マルゴ・ヴァン・スターヴェラン

Winemaker and General Manager
ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー2008に選出(ワインエンスージアスト誌)された、いわばシャトー・セント・ジーンの顔となっているワインメーカーです。1979年にカリフォルニア大学デーヴィス校を卒業し、シャトー・セント・ジーンで働き始めました。1989年にアシスタントワインメーカーに就任。2003年に醸造責任者となりました。

このワイナリーのおすすめワイン

カリフォルニアワイン

サンフランシスコ湾からの霧が内陸部まで冷気を運び、しかも降雨量も年間を通して少なく十分な日照が得られるなど、カリフォルニア州の気候は、まさにワイン用のぶどう造りに適しています。こうした恵まれた環境の中、ヨーロッパ系のぶどうがよく育ち、特に北部カリフォルニアのサンフランシスコ湾北側に広がるソノマヴァレー、ナパヴァレー一帯や、ロサンゼルス北西のサンタ・マリア・ヴァレー、さらに内陸部のセントラル・ヴァレーなどは上質なワインを産する場所として有名です。

ワシントンワイン

サンフランシスコ湾からの霧が内陸部まで冷気を運び、しかも降雨量も年間を通して少なく十分な日照が得られるなど、カリフォルニア州の気候は、まさにワイン用のぶどう造りに適しています。こうした恵まれた環境の中、ヨーロッパ系のぶどうがよく育ち、特に北部カリフォルニアのサンフランシスコ湾北側に広がるソノマヴァレー、ナパヴァレー一帯や、ロサンゼルス北西のサンタ・マリア・ヴァレー、さらに内陸部のセントラル・ヴァレーなどは上質なワインを産する場所として有名です。