繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

8月の百貨店売上高、既存店ベースでは2ヶ月連続で前年を下回る

日本百貨店協会は、調査対象百貨店 79 社・ 219 店の平成 30 年 8 月度の全国百貨店売上高概況を発表。 8 月の売上高は 4118 億 236 万円 ( 前年比 0.2 %減 ) と 2 ヶ月連続で前年を下回った。

8 月は、台風の接近・上陸や土曜日 1 日減などマイナス与件はあったものの、高額消費やインバウンドが業績を牽引した他、各社が積極展開したセールや人気イベントなども集客に寄与した。

顧客別では、インバウンド ( シェア 6.3 % ) が約 258 億円 (20.0 %増 ) と 21 ヶ月連続で増勢が続く一方、国内市場 ( シェア 93.7 % /1.3 %減 ) は 2 ヶ月連続のマイナスとなった。

また、地区別では、 10 都市が 8 地区 ( 札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡 ) で前年を上回り 1.0 %増とプラスに転じた。地方 (10 都市以外の地区 ) は 3.0 %減と依然マイナス基調にあるが、 3 地区 ( 北海道、四国、九州 ) で対前年増となり前月から 5.3 ポイント改善した。

商品別では、ラグジュアリーブランドを含む身のまわり品が 2.5 %増とプラスに転じた。また、猛暑による盛夏商材への需要の高まりから、化粧品が UV ケア商品を中心に国内外ともに好調で 41 ヶ月連続プラス (9.0 %増 ) 。高級腕時計なども好調推移し、雑貨合計で 21 ヶ月連続プラスとなった (3.7 %増 ) 。衣料品 (2.6 %減 ) 、家庭用品 (1.1 %減 ) 、食料品 (1.4 %減 ) はマイナスとなったものの、マイナス幅はそれぞれ前月の実績から大きく改善している。

なお、商品別売上高は、食料品が 1174 億 5536 万円 ( 店舗調整後・前年増減率 1.4 %減 ) 、食堂喫茶 145 億 4051 万円 ( 同 2.0 %減 ) 、衣料品 1058 億 7361 万円 ( 同 2.6 %減 ) 、身のまわり品 559 億 4236 万円 ( 同 2.5 %増 ) 、雑貨 862 億 4045 万円 ( 同 3.7 %増 ) 、家庭用品 177 億 3555 万円 ( 同 1.1 %減 ) 、サービス 49 億 2481 万円 ( 同 2.1 %減 ) 、その他 90 億 8970 万円 ( 同 2.3 %減 ) 、商品券 84 億 9090 万円 ( 同 6.9 %減 ) だった。

記事配信/外食ドットビズ(2018/09/28)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら
TOPへ